出張鉄4 <帰路篇>

<9月22日>
大阪ディープナイト篇、詳細は割愛させていただくこととする。
秀月さんを出て本体に合流したが、大所帯ゆえに意見がバラバラ。
血気盛んな肉食系な方々(皆オッサンだよ)は、タクシーに分乗して新地(北)の行き付けだのミナミだのと散った。
後は、十三(じゅうそう)だー!と怪気炎を上げ、そのままタクシーに乗りぃの淀川越えに掛かった。
いささかそれは勘弁願いたいと、わたしは残った3名と西中島南方(御堂筋線で一駅)まで歩いて飲み直した。
十三というキーワードだけで、大方察しがつくかと・・・

明けて今日。
前回の郡山で学習したお陰かバカ呑みしなかったのが功を奏し、15時までのスケジュールを粛々とこなして帰途に着く。

画像

歩いて2分で新大阪駅。
帰りもぷらっとこだま
これは本当に安く、貧乏人の味方だ。
乗車が指定された列車は15:53発と時間があるので、来週も続く用務外出張に向け、次の指定席券ぢゃ無かった旅行券を取っておこうと新大阪駅構内の元旅行センター(現JR東海ツアーズ)へ入ると、大勢が順番待ち。
静岡よりも規模が小さく、ぷらっと専用のカウンターが無いのでなかなか順番が進まず、30分待っても一組も進まないため、ぷらっとは静岡に着いてからにしようと表に出、子供たちへの土産を物色。
娘にはいつも通りキティちゃんストラップと、息子には前回の水戸黄門スティッチがブーイングだったため、無難なドクターイエローのキーホルダーを購入。

画像

中央改札口から入場。

画像

目指す670Aこだまは25番線。
指定された11号車付近には既に同行者が居た。
ぷらっとの特典であるドリンクチケットを、キヨスクで缶ビールレギュラー缶と交換。
改正前なら車販で使えたのに、ちょっと不便。
350ml一缶で静岡までの道中を賄えるハズも無く、オヤヂ缶とつまみを実費にて調達。
土曜日の午後の列車、これから横浜やら東京へ向かおうというのか?
いわゆる大阪のおばちゃん(娘っ子もいるけど)で、指定席は一杯。
9割方ぷらっとなどの利用者だろう、ガラガラの自由席に対して指定席が満席という状態。
それだけ、新幹線が高いという証拠なんだろうな。
酒が入り、ガンダム好きの同行者2人と、やれギャバンだーなんだー、と大阪のおばちゃんに負けない勢いで喋っているともう大井川を渡っていた。
2時間20分なんてあっという間だ。
18:17、無事静岡に到着。
同行者と別れ、次のぷらっとの手続きに行こうと寄ってみれば入り口が塞がれている。
あれ、19時までじゃ・・・
よく見ると、土日祝は~18:00だって・・・
撃沈。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント