災害ボランティアに貢献できず

<1月19日>
夕べ、宿に戻って直ぐさま風呂に直行。
サウナにも入りこれでもかと体温を回復させ、更には体の中からも、ということで夕食時に燗酒をこれでもかと呑んだにも関わらず、寒気が止まらず先に休む。
が、一気に体が熱くなって、これでは仕方がないと測ってみれば40℃近い。
あかん、撃沈や。
でも、インフルエンザは昨年末予防接種を済ませてあるし(毎年摂取)、中国行っても無事帰って来たのだからワクチンは効いているのだろう。
市販の風邪薬を飲んで寝たら、大爆睡。
朝起きると大分楽になったが、体温は未だ37.9℃と高め。
ボランティアは今日も設定されているが、無理せず、熱が下がって移動できる内に静岡に戻りなさい、とリタイアとなった。
今日もボランティアに向かう仲間を見送ったあと、静岡への土産にと三陸銘菓かもめのたまごを購入。
でも、よく考えればこれは岩手県のお菓子で、今いるここは宮城県。
頭がぼーーっとしてるし、まぁ、いいかぁ。

画像

往きとは逆にホテルが仙台駅までバスで向かう。
来たときとは逆にR45を山に向かって登っていく。
北上川を渡って(北上川=岩手県というイメージだったので、ビックリ)、桃生津山ICから三陸道に上がり、石巻市を過ぎた矢本PAで休憩。
石巻って結構大きな街なのだね。
往路に乗った鳴瀬奥松島ICを過ぎると本線料金所があった。
なるほど、ここから仙台側が有料区間なのか。
震災復興で無料開放されてるのだろうか?
よく判らないけど。
利府中ICで三陸道を離れ仙台市内へ。
やっぱ有料だな、ちゃんと料金所のブースがある。

画像

往きに見た、巨大な工場っぽい建物、やはり東北新幹線の車両基地だ。
利府の地名に聞き覚えがあった。
今はなんて呼称するか知らないけど、昔風なら仙台第一運転所(幹セン)とでも言うのかな。

画像

高架の向こうに鉄骨の架線柱と緑色が見える、おそらくE5系だな。

画像

往きは気が付かなかったが左横を複線電化の鉄道が通ってるぞ、と思ったら背後からイキナリ電車が抜いていった、これは東北本線だ。
R4のバイパスに上がると仙台貨物ターミナル(宮城野)をオーバーパス、坂を下りた先に楽天の本拠地仙台球場が見えた。

画像

ヨドバシカメラが見えたと思ったらそこがJR仙台駅東口。
こちら側には今は地下化された仙石線のホームがあったハズ。
仙石線にはウグイス色だった73形から103系へと新性能化されてスカイブルーに変わった数年後に乗ったのだが、当時は本線駅舎とを結ぶ長い地下道が合ったような気がする(仙石線が私鉄だった時分の地下ホームの名残だったとか)し、行き止まり式ホームと田舎の駅みたいな駅舎があったのがこの辺りだと思ったが、記憶も定かでは無いし、その頃の面影も微塵もない。
ちなみにテレビによく出てくるのは反対側西口、仙台の表玄関である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント