さようなら D51 146

<2月22日>
市内葵区の城北公園(大昔、国立静岡大学の移転によって生じた跡地を公園として整備)に生態保存されている、D51 146号機の解体が決定した。
昨日、夕刻のローカルニュースでお別れ回が実施されたと報じていた。

http://www.at-s.com/news/detail/474568866.html

ずっと風雨に晒されていたから、致し方なしなのだが、それでも国鉄OBのボランティアによって維持が続けられていたのだ。
最近もC58 239など生態保存機復活の動きがある中、とても残念でならない。
展示場所からトレーラーで搬出して解体、なんてことはまず無いだろうから、最後に一目見ておこうと城北公園へ向かった。

画像

既に、周囲にはフェンスが張られ、解体業者と思しき工事用車両が数台。
学校帰りの小学生数人が、DSでD51の姿を納めていた。
そこへ、デカいレンズ付きカメラを提げたオッサン(わたしのこと)登場。

画像

東向きに配置されているため、酷い逆光。

画像

かつては、駿府公園にあった児童館(現る・く・る)前に展示されていた。
小学生の頃、見知らぬ他校の児童と一緒になって、フロントデッキやテンダーによじ登って遊んだものだった。
(だから登れないよう、ガードがつけられてしまったのだろうけど)

画像

わたしは、現役の蒸気列車には中央西線の普通列車で名古屋から高蔵寺まで乗ったと、父親から聞かされたことがあった。
(ごく普通の国鉄蒸機列車に乗れただけでも、ありがたい事だと思う。)
無論、2・3歳の頃の話だろうから残念ながら記憶には無いが、中央西線といえば当然D51。
そして、この146号共々、D51がわたしにとって一番身近な蒸機だったのかなと。
解体された部品の一部は、大井川鐵道で使用されるという。
ATS一式をC12 164に移植でないものかとも思うが、素人が考えるほど簡単にはいかないのだろう。

画像

息子が2・3歳の頃、桜花を愛でにこの城北公園に出かけた際の写真があった。
写真って残るよね。
自分が子供の頃、このD51と一緒の写真があったかどうか・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント