Arrivederci (アリベデルチ)!長崎(人生初長崎⑦)

<4月20日>
屋根無しの歩道橋を渡って、駅向かいの県営バスターミナルへ。
この移動だけでかなり濡れた。
歩道橋を下りた一階がそのままターミナルとなんだけど、随分とまた年季の入った建物だ。
空港までの運賃やらダイヤやらを確認しようとキョロキョロしていたら、ちょうど13:15発の空港行きリムジンバスが発車した。
次の便は13:30、更に次は13:35と、頻繁に走ってるから安心だ。
切符を買おうとしたら、ターミナルのおじさんが、次のリムジンバスは遠回りなので、35分のバスに乗りなさい、その方が空港に早く着くから、と親切に教えてくれた。
ここから発着する長距離バスは、佐世保、佐賀、福岡、熊本、大阪とある。
待っていると、熊本行きが入線、結構乗客があるんだなぁ、と感心した。
福岡(博多)へは特急かもめが走ってるけど、熊本へは乗換無しでは行けないんだよな。
昔、西九州ってディーゼル急行が走っていて、それにのれば熊本はおろか大分まで行けたハズだけど、やまなみハイウェイを始めとする高速バスにあえなく廃止。
先ほど駅前には、2025年、九州新幹線長崎ルート開業とあったけど、その2年後の2027年にはリニアが走るぞ。
13:35のバスに乗車。
空港リムジンは長崎県営バスだというから、運転手さんは県職ということか。
わたしを含めて一桁で発車。
先ほど、長電(ながでん)に乗ってきた道を逆に辿っていくが、土曜の昼下がりで雨、長崎市内は結構な交通量だ。
バスの車窓から見る長崎の街は雨に煙っている。
思わず内山田洋とクールファイブの有名なフレーズが浮かんでしまう。
投宿先最寄りのバス停も客扱いだが、乗車は無く通過。
バスは投宿先の眼前を通過、長崎県庁前のバス停で数名乗車。
更に今朝方散歩した交差点を出島の裏側に通ると、民営の長崎バスのターミナルで停車。
ここでも数名が乗車、結構利用者あるんだね。
このバスターミナルは長崎バス直営のホテルと直結していて、県営バスの運転手さんはバスを降りて乗客の確認に向かってから発車、約10分の遅延だそうだ。
大きく右に曲がったと思ったら、結構な勾配の上り坂。
出島道路なる有料道路だが直ぐにトンネルに突入、これが登りっ放しのかなり長いトンネル。
一体どこまで上ってくの、という具合。
前方に安全(ゆっくり)運転のクルマに引っ掛かってペースが落ちる。
片側一車線だから追い越しは出来ない。
おいおい、ライトも点けずに何やってるだ!
10分遅延の挽回どころか、拡大してしまうではないか!
今、ここで自爆でもされたら、どエライこっちゃ。
ちょっとハラハラしながらも、早く行け~、と念力を送る。
一体何分間走っただろう、やっとの思いでトンネルを抜けるとそこが料金所。
このバスはETCだ。
ゲートを抜けると長崎自動車道起点の長崎IC。
ここから大村湾の南辺に沿って長崎空港を目指す。
山の高いところを長崎自動車道は通っていて、山嶺の向こうに大村湾が見え隠れする。
ここから見ると穏やかな内海に見えるが、昨日船で渡った通り白波の立つ割と激しい海だ。

画像

大村ICで下り、一般道をしばらく走ると、空港への海上橋を渡る。
関空や中部空港みたい。
14:20頃、ほぼ定刻に長崎空港に到着。
バスを下りたところが、チェックインカウンターだった。
帰りは日本航空のJAL1850便。
正確にはJALエクスプレス、日航と何がちがうのかよくわからんけど。
帰りはe-チケットなのでスルー搭乗は出来ない。
羽田でキヨスクなる機械でチェックインしろと言われたから、言われるがままに先月作ったJALマイレージカードを取り出そうとゴソゴソやってたら、地上クルーのお姉さんにバッグを奪われて、カウンターに。
無事チェックイン、紙(e-チケット)でも、ICカードでも好きな方で搭乗できるって。
意外といいじゃん、日本航空。
ここで、お昼は別行動だった同行の仲間と合流。
チャンポンは昨夜、ばくだんチャンポンなるモノを食したそうなので、トルコライスを食べに行ったそうだ。
鶴ちゃん?だかって修学旅行生定番の店だって。
さて、二階の出発ロビーに上がろうかと思ったら、黄色い看板のカウンターが。
福紗屋って書いてある。
なんだよー、空港にあったのか、無いって聞いてたのにー
同行の氏、曰く「空港に無いのは文明堂だよ。」と・・・
そして「東京駅でも売ってるよ。」だって・・・orz
二階の土産物屋で家族への土産を物色してから、保安検査場へ。
あっ、そうだ、昨夜飲まなかったオヤヂ缶が一本バッグの中に入ったままだった。
どうせ取られるんだったら、先に出しておくか。
財布や時計、携帯と一緒にオヤヂ缶を入れ、検査官の前へ。
これ(オヤヂ缶)って大丈夫でしたっけ?と自己申告。
うら若き女性検査官は、大丈夫ですよ。
とにっこり笑顔。
国内線は液体いいんだー
それもまた知らなかった。
ICカードをかざそうとすると、JALはこっちです。
と別のカードリーダーを示された。
そそくさと、オヤヂ缶をバッグに格納。
恥ずかしい・・・
搭乗口には大勢が待っていた。
土曜の午後、今から東京へ向かおうというヒトが大勢いる。
早割というヤツで羽田まで\16,800。
東京-新大阪の新幹線代よりも安いんだよ、それなら出かけちゃうよね。
飛行機って富裕層の乗り物だとずーーーーーーーーっと思ってたけど、今は手軽に乗れちゃうんだねぇ。
搭乗口で合流した先輩が、\1,000出せばクラスJだかってシートに座れるというので、地上クルーに尋ねてみたが、今日の当該便は予約で既に満席とのこと、残念。

画像

ゲートで折返し整備中の機体は、B737-800。
昨日のくまモンGO!と基本一緒。
15:00過ぎに搭乗開始。
わたしの列は窓側に1人後からやってきたけど、往路のソラシドほど混んではいない。
若い副機長の挨拶によると、羽田は小雨だって。
この飛行機は国際線のような1人に1つでは無いけど、天井からモニターが出てきた。
CAさんからヘッドホンを借りて、洋楽チャンネルを聞く。
あぁ、なんか飛行機乗ってる気分だ。
機内誌をめくると、掲載されているグッズの種類も量もソラシドとは桁違い。
自転車旅みたいな特集の、瀬戸内の島々に整備されているサイクルロードを巡る、ってな記事が載っていて、今治だかどこだかのソウルフード、焼豚丼なる食べ物に魅せられた。
スターアライアンスでよく見る明朝体の日本語表示(気にくわない)の飛行経路と違って、立体表示だし。
スターだと浜松(航空自衛隊浜松基地あり)や清水(国際港あり)と表示されるけど、こっちは静岡がちゃんと表示されている。
やるじゃん、ワンワールド。
くだらんことだが、印象は異なるだ。
でもなぁ、去年広州へ行ったとき使わせてもらえなかったんだよなぁ、高いからって・・・
コーシーを貰って、ウトウトしたかと思ったら早くも降下を開始するって。
結局富士山は雲の下だった。
羽田上空で何度か旋回して海上からのランディング。
右舷にTDLが見えないモノかと眼を凝らすが判らなかった。
なかなかタイヤが設置せず、おいおい大丈夫かと思ったところで逆噴射!
雨の日はイヤだよな~
成田よりは短いけど長いタキシングの後、国内線第1ターミナルに着くんだけど、ここでまさかのエプロン。
おいおい、タラップは無いだろタラップはよーー
雨足は強く、とても小雨どころではない。
寒いし、この天候は一体何なんだ。
リムジンバスやモノレールに乗るという先輩方と別れて、今度は京浜急行で品川に出る。
京急自体乗るのは何年振りだろ?
少なくとも、国際ターミナルが出来たり、蒲田の踏切が無くなってからは初だ。
モノレールはターミナル毎に駅があったけど、京急は国内線は共通なんだね。

画像

蒲田から西へ行くエアポート急行新逗子行きは、赤い2000形。
東へ行くのは快特印旛日本医大とある。
どう見積もっても真っ赤な色の京急車じゃ無いな・・・

画像

やってきたのは、極端なスラントノーズのステンレスに青いドアの電車。
何処の電車だろ?
車番は9124、9000系っていうのかな?日車の銘板が付いている。
北総線かな?
国際ターミナルで、デカいスーツケースを持ったヒトが乗ってきたが、ロングシートの車内は既に満席。
成田や関空や中部は、有料でも座席指定の特急に乗れるからまだ良いけど、羽田の特急は通勤電車だからなぁ・・・
空港線内はノンストップだが、真新しい高架駅となった蒲田で夕方のラッシュと化した。
それでも、品川まではノンストップだからまだマシか。
もう、北品川までずーーっと高架なのね。
何げに沿線の海側は小学校が多いだね。
弟がちょんがーだった頃に済んでいた青物横丁を見たかったが、信号で詰まったのかエラく徐行したと思ったら、カーブしながら駅を通過。
やがて、ゆーーーっくりとトラスを渡った。
八ツ山を越え東海道線を跨いだのだ、ってことはさっきの駅は北品川。
17:27、ゆっくりと京急品川に到着。
ここで乗客の殆どが入れ換え。
大勢の人の波に流されて連絡改札口へ。
東京駅まで行こうか迷ったが、東海道線と横須賀線が横浜のこっちだかむこうで架線点検中とかで運転見合わせ中、横浜までは京浜東北に乗れだとか振替輸送の案内だとか言ってる。
東京へ行くなら東海道線上りと決めてあっただけに(スルー運転が始まったらもう出来ないね)、わざわざ混雑する国電に乗る必要も無いと、このまま品川から新幹線に乗ることにした。
指定を抑えたひかりは18:10、暫く時間があるし、小腹も空いたのでエキナカで軽く食事を摂ることにした。
朝ホテルでお結びを食べたきり、米飯を口にしていなかったのを思い出し、立ち食い寿司屋に行ったのだが、既に一杯引っかけてるオヤジと自称『デキる』男女で満杯なのと、その順番待ちの行列のため諦め、隣の蕎麦屋で済ませた。
その脚で新幹線改札を通り、待合室で座ってようと思ったら、無い。
そうだった、待合室は東京駅側の改札から入らなければ無いんだった・・・
キヨスクでオヤヂ缶×2を調達して、ホームに降りる。
エスカレータを下りた場所はのぞみの指定席だが乗車口に行列が出来ている。
今日は14号車。
東京方へ歩いた12号車のベンチに腰掛けて待つ。
東京は寒い・・・
普段の出張だと自由席なので、夕刻に品川からひかりに乗車など考えたこともない。
指定席はいいよなぁ。
それにしても、毎日移動の出張はカラダに堪えるなぁ。
海外に二週間とか連続で出かけても、投宿先の移動は無いからな、とても疲れた。
乗車した525AはB10編成。
オヤヂ缶を傾けている間に、静岡に到着。
左隣のD席は空いたままだった。
満席のG車より、空席の普通車の方が快適だ。
静シスに居る371系は、そのままだったよ。

この記事へのコメント