新幹線なるほど発見デー 2013 その3(小学生工作体験篇)

<7月20日>
車掌体験を終えると、ほぼ13:00。
「工作がしたい」という息子のリクエスト。
運転台見学は14:20からとあるので、時間潰しにちょうどいいか。
例年、ペーパークラフト+αなんだよな。
今年は何だろう。
工作行列は検修庫の中へと続いている。
どうやら今年は新幹線電車の車内で行われているようだ。
涼しくてちょうどいいが、営業用車の車内で行うと言うことは、サインペンでの色つけやノリを使った工作ではないということだな。

画像

検修庫には700系C19編成が鎮座。
息子が40Dを向けるが、次々と人がやってきては顔の前で記念撮影してくので、上手に撮れないと。
人が居なくなった一瞬で撮らなければいつまで経っても撮れないぞ。
構えて待っててみ。

画像

↑で、程なくして息子が捉えた一瞬。
これに気をよくしたのか、スナップしまくり。

画像

C19って撮ってこ。

画像

「じゃあ、これも撮る?」

画像

「あれも撮りたい」
デジタルカメラってのは良いなぁ。
わたしらが子供の頃、このようなスナップはリコーのハーフサイズ(無論、父親のカメラ)で撮ったモノだ。
それでも選んで撮ったけどな。
行列はなかなか進まない。
やっとのことで、7号車の727-418に乗車。

画像

車内に入ったところで教材をもらった。
風鈴だ。
8号車寄り客室ドアに完成品が吊してあった。

画像

スタッフの説明では10分程度で出来るって。
キットは大小二つの鉄製の輪っかが組合わさった知恵の輪見たいなのと、凧糸と短冊が入っていて、小さい方の輪ッかを浮かすように凧糸を結んで吊した時に上手く鳴るようにするというもの。

画像

「かた結びって何?どうやる?」っていう息子に、お前達は靴の紐を結ばないのか?と言うと、
「くつにひも無いよ」と。
そうか、息子が愛用する俊足はマジックベルトだった・・・
これは由々しき問題だな、まっ後で考えるとして。
対象が小さいからか、コレ(凧糸結び)がなかなか上手く行かない。
悪戦苦闘して結んで飾りをくっつけたところ迄で終了。
息子も「うちに帰ってから(短冊に)色を塗りたい。」と言っているので、727-418から下車した。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

ここがリレイアウトされたら、この建家での光景も見られなくなるんだろうな。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント