またまた、西へ

<11月1日>

画像

用務のため西へ。
少し早く出かけて631Aに乗車。
これは名古屋止まりだけど、後続の米H503Aに接続している。
その503Aは名古屋から先は各駅に停まるので、事実上こだま同士の乗り継ぎというわけだ。

画像

名古屋で乗換え。
編成はZ52からZ15へ。
結構な数のヒトが631Aから乗り継いでいくから、浸透してるんだね。
と、いうか岐阜羽島と米原の利用客にとっては、基本一時間当たり、ひかり1本、こだま1本しか停まらないから、自ずとそういう選択になるのだろう。
が、同じ各駅停車と言っても、決定的に異なる点がある。
それは自由席の両数。
こだまの11両に対して、ひかりは5両と半分以下だ。
加えて、東京から(我慢して)通しで乗るヒトが半分はいるから、新大阪行きこだまに比し圧倒的に混雑している。
だったら沢山走ってるのぞみに乗ればいいじゃん。
と、お思いだろう。
が、しかーし。
用務出張では会社支給の自由席回数券の使用しか認められておらず、出張伺いと一緒に回数券を前借するシステムなのだ。

画像

ご覧の通り、『こだまひかり号の普通車自由席に限り有効』なので、のぞみ号普通車自由席には乗れないということだ。
別にいーじゃんねー、自由席の正規運賃は何に乗っても一緒でしょうに。
意外だったのは岐阜羽島から大勢が乗ってきたこと。
米原でも乗り降りが激しく以外や米Hって混んでるじゃん。

画像

終点新大阪に到着。
出撃前に腹ごしらえしようと、にしんそばがいいかな?と、在来線乗換コンコースの『浪花そば』へ向かおうとするも、あれ?コンパネ?
なにやら貼紙が、なになに?

画像

えーー、まーーじっすか?
この間の、和歌山行きでは既に無かったということか、残念。

画像

致し方ないので、先を急ぐ。
普通、新三田行きは321系。

画像

大阪で乗換え。

画像

環状線内回り、やってきたのは103系
ではでは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント