農業祭

<11月16日>
わたしが名駅(めいえき)の傍で缶詰になっていた頃、子供たちは地元農協のイベントに出かけていたらしい。

画像

これ、何をやっているか判るかな?

画像

お茶の葉を手揉みして煎茶を作っている工程。
蒸した茶葉を下から加熱されている作業台の上で揉んだりこねたりしてじっくり乾燥させていくのだ。
揉み始めから完成までに丸一日かかるそうで、とても重労働。
昔は当たり前だったのが、省力化のため機械化が進み、今となっては『手揉み茶』と呼ばれ、超高級茶葉にしか用いられない製法。
静岡には手揉み保存会なる団体が在って、技術の伝承に務めているそうだ。
最近は知らんけど、皇室への献上する御茶を作ってますみたいなニュースがローカルで報道されたっけよ。

画像

やってみて、どうだね?

画像

どれどれ、塩梅はどうだ?
茶処静岡ならではのネタ。

画像

こちらは、収穫体験で畑から引っこ抜いた二十日大根。

画像

自宅に戻って、息子が引いたくじ引きの戦利品である自然薯をとろろに擦り下ろす。
でかした!

画像

一所懸命擦りなさい。

この記事へのコメント