陸奥(みちのく)独り旅 ふたたび②

<1月19日>
再び仙台駅3Fコンコースに戻って新幹線中央改札を通る。
思ったより人が少ない。
NEWDAYS(キヨスク)でオヤヂ缶×1と、つまみにと子供が良く口にしているスナック菓子を購入。
365日前は発熱のため気持ち悪くなって食べ切れなかった金華鯖棒寿司弁当だが、今しがた蕎麦を食べたばかりだから購入は控えた。

画像

上りホームに上がる。
相変わらず、寒い。

画像

この表示も去年の予想通り、E6系に変わってる

画像

反対側下りホームにはE3+E5が居た。
回送表示だから利府(幹セン)へ入庫するのだろう。
ただでさえ狭く、乗客でほぼ満杯の待合室に空席を見つけ入ろうとしたら、前を歩いていた女性に奪われてしまった。

画像


手元の指定席券は15号車。
すなわち、こまち。
ホーム北端へと歩いていくと、ホーム全体を覆う屋根が無くなり明るいのだが、代わりに風がド吹いて仙台駅に到着した時から舞っている小雪が容赦なく降り注ぐ。
とても寒い。
上りホームには小さな男の子を連れたパパ(昔のわたしだ)、こちらのホームには鉄が1人。
寒いから出てこないのかな。
去年2月の大宮(200系)はめちゃくちゃ寒かった・・・

画像

向こう側のE3回送を見ると、『こまち』のロゴ上に『ありがとう』の巨大なステッカーが貼られていた。
やがて、E3は出発したが、後ろにぶら下がっているハズのE5が居ない。
切り離したのか。

画像

そして、盛岡から先発のやまびこ54号が入線。
365日前に乗った列車だ。
いずれ、東北新幹線からもE2系は居なくなる。
54Bが発つと、今度は自動放送が列車の到着を告げる。

画像

E5はやてを先頭に新青森と秋田からそれぞれが弊結されて到着。
はやて30号+こまち30号(3030B)は、E5+E6という、はやぶさ+スーパーこまちと同一編成。
同じ車両で、東京まで6分長く乗れて、しかも\300安い。
いいこと尽くしじゃん。

画像

で、乗車するのは15号車のこまち30号。
そう、E6系初乗車なのだ。

画像

フル規格車輌と異なるためか、乗降口は片側一箇所のみ。
こちらのこまち編成にも結構な人数が並んだ。
新型車輌に乗ってみようというのか、仙台からわざわざこまちの指定席を取る人がこんなに居るとは思わなんだ。
皆さん、鉄?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント