人生初確定申告

<3月2日>

確定申告。
年間の給与所得が2,000万円を越えるようなことなど、天地がひっくり返ってもあり得ないけど出かけた。
今年は会場が東静岡のグランシップからツインメッセに変更。
事前情報を元に必要なドキュメント類を揃えるのだが、手元にある書類と必要と思しき書類の表題が違ってたり、似ているようで中身はそうでなかったりと訳がわからないったらありゃしない。
コピーでいいのか原本を提出しなければならないのか、但し書きがあったり無かったり・・・
取り敢えずコレで良いのか尋ねながら進めるほかあるまい。

画像

今日は申告期間中2日しか実施されない日曜日の二回目。
受付番号札を受け取り、指定された待合所で待機。
#179@12:25

画像

大勢いるなぁ。
静岡市と清水市が合併して双方の税務署が合同で行うようになってから久しい。

画像

ただいま、136番が受付中で、目下45人待ち。
空いているパイプ椅子に座り、指示に従い「申告内容整理票」に記入する。
ここは、5月にホビーショーが行われる展示場。
すなわち、床がコンクリート打ちっ放しのため、底冷えするのだ。
30分ほど経ったところで、配布される用紙の確認があった。
おや、そんなのもらってないぞ。
挙手をして立ち上がったら、周囲からわらわらと椅子から立ち上がる人が続出。
頼むよ~(^^;

画像

改めて頂戴したのは、申告事項に対する必要書類のチェックリストだった。
どれどれ、当てはまる項目を順に追っていく。
すると、「1.住民票の写し(原本)」とある。
(原本)~???
原本だなんて、国税庁サイトには書いてなかったじゃんか!
さらに辿っていくと、法務局に行かなければ調達できないドキュメントの名が・・・
今日は日曜日、「振り出しに戻る」が決定した瞬間だ。
このリストをWebサイトに掲載してくれりゃ、二度手間にならなかったじゃん!
こうなったら、真にmustな種類を確認するまでは帰るわけにはいかん。
遅々として進まない受付番号。
やっとのことで次に呼ばれる番となったのは、14時ちょっと前。
約1時間半待ったわけだ。
そして、わたしの番。
申告する内容を告げ、税務官(?)の前に持参したドキュメントを並べて、件のチェックリストに従い、手出しなければ成らない原本、コピー(行政用語としての写しではなく、物理的複写の意)で良い物、足りないモノを付箋とマーカーとで記してもらった。
一通り理解できたので、また出直しますと退席しようとすると、Webサイトから申請書の作成ができるから、そちらの方が便が良いよ。
と、ご意見を頂戴したが、右も左も判らないチンプンカンプンな状態なので、改めて休暇を取って再訪するよりあるまい。
時刻は14:15.
僅か10分の確認のために、90分以上を要した。
実家が個人事業だったので、毎年冬になると母親が夜なべをして帳簿と格闘していたのを傍目で見てはいたが、まるっきり他人事だった。
端から一発で受理されようとは想定していないが、やりきれなさの残る、人生初確定申告の1回目となった。
14時をとうに過ぎ、本当なら松庵さんでお蕎麦を食べるつもりだったのが、次回にお預けとなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント