場所を変えてみた

<4月11日>

元スーパーひたちが去ると、団塊鉄の2人は去った。
と、同時に静粛が戻る。
さて、残るはスペーシアの返し(下り)を撮って終わりにするかと、上野方を振り返ると、わたしより先に南方に構えていた先客(おちらも年配)が、南に向かって駆け足で移動しているのが見えた。
なるほど、ここより南にいい場所があるに違いない。
と、わたしもあやかろうと移動。
すると、東十条駅南口に隣接する跨線橋より南側には、いるいる鉄が。
このド平日のフレックスのコアタイムに掛かろうかという時間に、今更スペーシアということはあるまい。
きっとネタだろう。
一定の間隔で規則正しく並んでいる血眼鉄。
こりゃあ、入れてもらえる隙間は無さそう。
一ちゃん後端か一ちゃん前端のどちらかだが、後端はカーブに掛かるので、前端へ入れさせてもらう。
まずは、やってきた中電で練習。

画像

なんか、柵(ホチキスと呼ぶらしい)があったり、信号機が邪魔だったりイマイチだが、先客の異様ともいえるピリピリ感がその時が間近なことを知らせており、今更の移動は止めにした。

画像

血眼軍団の視線を背後に感じながら構えていると、貨物線をEF64がやってきた。
原色のみたいだけど、真正面撃ち。
EF64 1032の単行列車。
この集団が狙ってるのが貨物線(スペーシア)では無いないことが、これで明らかになった。
旅客線を何が下ってくるのか、スペーシアまで粘ってみることにした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント