JL0509便に搭乗

<6月26日>

羽田空港1タなう。
実に29年と10ヶ月振りに、千歳(新千歳空港)への便に搭乗する。
何回も書いたと思うが、高2に修学旅行以来である。
今日と同じ経路で羽田空港まで団体バスに乗ってやってきたが、30年前は首都高湾岸線など無く、1号横羽線の大渋滞の車窓から浅野駅に停車しているクモハ12を見て感激した記憶が甦った。
予定より早く到着したので、空いた小腹を満たそうと立ち食い蕎麦を探したが、10:00開店だと。
フライトは0930だから、どう考えたって無理。
致し方なく、保安検査場へ向かい事前登録済みのJMBカードでチェックイン。
タッチアンドゴーというヤツだ。
手荷物は持込だし、イミグレーションが無いから早くていいや。
搭乗ゲートは16番。
ゲート前のベンチは、ヒトの山。
年寄り夫婦が大勢座っている。
格好からして、遊びだ。
そういえば、チェックインカウンター上の出発案内は空席×になってたっけ。
何とかの世代と呼ばれる、年金受給者はお気楽なもんだな。

画像

JL0509は、B777-200。
国内線ながら一等席が設けられている。
たったの75分で一等席とは、一流(基準はしらん)芸能人と国会議員しか座らないか?
30年前は全日空のB747SRってヤツだ。
当時の千歳空港は、今とは異なり航空自衛隊の千歳基地と共同使用だったので、着陸直前にF-4E(J)ファントムとか、F15イーグルとかが見えて、それはそれでまた興奮したものだ。

画像

新千歳に到着。
上の画像と変わりないように見えるが、遠景とパッセンジャー・ボーディング・ブリッジが違うでしょ。
何よりも空の色が一目瞭然。
北海道にとって、一年のうちで本当に好い季節なんだね。
ほぼ定時でターミナルビルに到着するも、シートはうしーーーろの方だから、降りるまで10分以上。
貧乏人は辛抱せぇ
ということだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント