531Aに乗車

<6月28日>

品川駅なう。
当初の予定では空いた小腹を癒すために駅ナカの蕎麦スタンドでも、と思っていた。
しかしながら想定外の昼食(大焼肉)で満腹中枢が機能しっぱなしでそれどころではなくなっていた。
また、羽田でマグネットを捜すのに時間を喰ってしまったこともあり、乗車予定の531Aまで13分の乗継と、結果オーライだが都合の良い塩梅となった。

画像

連絡ガードを渡って着いた新幹線改札は南側(博多方)の自由席側だった。
ありゃりゃりゃ。

画像

まぁ、いいさ。
指定席は押さえてあるし、いつものようにオヤヂ缶だけキヨスク買い求めて、下りホームに降りる。
ちょうど1634発新大阪行き683Aが入線中。
エスカレーターを降りた先の自由席は長蛇の列だ。
12号車まで歩くと反対側23番線に岡山行き127Aが発着。

画像

その次がわが531Aとなる。
なぜ東京発1933の531Aに拘るかと言うと、この列車を逃すとわたしにとっての後工程が悲惨なコトになるからだ。
531A_東京1933→静岡2031 ⇒ バスA
685A_東京1956→静岡2123 ⇒ バスC
533A_東京2003→静岡2106 ⇒ バスC(バスBに乗り継げず)
バスは土曜ダイヤのため、この時間帯はバスA、B、Cとおよそ30分ヘッドとなり、静岡駅でのバス乗継まで含めて考慮すると、上記のように531Aに乗るのと乗らないとでは、自宅へ戻るのが1時間も違ってしまうのだ。
タクシーで帰りゃいいだけどさ、散財した後にタクシーは乗れないでしょう、流石に。
531Aに乗り遅れたら、東京・品川・新横浜で待つか、静岡で待つかのどちらかだが、どっちも嫌なのだ。
531A指定席の乗車口にはスーツケースなど大きな荷物を持った人ばかり。
羽田や成田から来た連中だな、きっと。

画像

東京から531Aが入線。

画像

空いていて快適だ。
このひかりは元々米Hなので新横浜を出ると静岡まで停まらない。
本来のパターンだと、新横浜から名古屋までの間に、小田原か豊橋に一駅だけ停車するのだが、この531Aに限ってそのどちらでもない静岡に停車するのだ。
名古屋までのぞみを退避しないので、とにかく速い。
その代わり名古屋を出ると一時間に一本と減量されるこだまに代わって各駅に停車するのだ。
それでも退避するのは米原だけだから、西に前泊で出かけるのにも重宝するのだ。

画像

と、いうわけでもう静岡。

画像

2031に到着。
のぞみ退避が無いから即発車だ。
1700に新千歳を発って、3時間半で静岡に戻ってきた。
便利な世の中になったものだ。
それにしても、疲れたなー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント