地下鉄東山線で移動

<6月12日>

帰りは矢場とん前すぐのエスカレーターから下る。
27年と11ヶ月前、バーゲンで平日朝に並んで買った記憶が甦った。
いわゆる当時のDCブランドってヤツをだ。
天井が低く、エスカレーターも時代を感じる。
地下に潜って名古屋氏交通局東山線に乗る。
コレもまた28年前に毎日乗っていた路線。
既に全廃されたと思うが、5000系というアルミ車が出て間もない頃だった。

画像

Suicaで入場、狭くて天井の低いホームは、相変わらずの(どえらい→どえりゃぁ→)でら混雑。
第三軌条終電方式という古いインフラで、かつ建設コストを抑えるためトンネル断面が小さく、従い電車も小さく、短いので超ラッシュ状態。
利点は浅いところを走っているから、階段の上り下りが短い点。

画像

名古屋から一駅で目的地、伏見に到着。
用務へと向かう。

この記事へのコメント