RF誌について

<10月25日>

今日と明日の二日間、近所の生涯学習センターで文化祭を開催。
併設する市立図書館の分館がお祭りに合わせて古くなった蔵書の一部を無料で配布(一人5冊まで)してくれる日でもある。
そう、お目当ては鉄道書籍。
誰もが閲覧できる雑誌の中に、JTB時刻表(交通公社の時刻表と言ったほうが個人的にはしっくりくるが)と、鉄道ファン(RF)誌を常備されていて、その中から古くなった物が放出されるのだ。
が、わたしは下のスレッドのお弁当を食べねばならない用事で出かけるため、息子に託してみた。
おとーさん、どういう本?
というので、手持ちのRF誌を見せ、表紙の写真が新幹線か、特集に新幹線って書いてあるのを選べばいいんだよ。
と、教え、わたしは出かけた。
RF誌は車輌が主役の誌面構成なので、表紙にはその時々の新型車輌か、特集に即した車輌の顔が掲載される。
子供でも判りやすいハズである。

画像

夕方帰宅すると、机の上にRF誌が5冊置いてあった。
しっかりミッションを果たしたか、凄いな。
新幹線の特集は2冊、特急形車輌とJR第一世代という特集が一冊ずつ。

画像

残る一冊は205系と211系の特集、ずいぶんと渋いのを選んだな。
今や首都圏のJRはE233系だらけになってしまったけど、これら2形式は国鉄最後の新形式だったことを改めて知らしめてくれた一冊だった。

画像

外出先から帰ってきた息子を労って声をかけると
本当は、緑の200系(K47編成だろうか)が表紙のがあったんだけど、横から手が出てきて取られちゃったよ。
まぁ、仕方あるまい。
どうしても欲しけりゃ、神保町に行けばいいのさ。
娘が、同じく図書館からもらってきた、さくらももこのエッセイを見せにきた。
挿絵を指差して、まるこちゃんの本だと。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント