山本屋本店?山本屋総本家?

<11月15日>

ミッション2日目は午前中で終了。
折角だから名古屋メシを味わってから帰ろうかと、山本屋で味噌煮込みを食べる旨を地元の方に伝えると、わざわざ同行してくれると。
市内に支店が難店舗かあるが、ここから判り易い中日ビルの地下に向かう。
30年近く昔、当時名古屋在住だった叔母に味噌煮込みうどんの美味しい店は?と尋ねたところ、中日ビルの地下にあるよ、と。
名駅の新幹線側地下街の店は狭くて、いつ行っても混んでいて、なかなかありつくことができなかったから、聞いてみたのだ。
その中日ビルに入り、地階に下りる。
あれ?なんか記憶と違うな。
観光地の物産店みたいな様相で、狭くて飲食店はラーメン屋と串揚げ(ドテ)屋のみ。
おかしいな、こんな風景では無かったはずだが。
携帯でググって見ると、山本屋本店栄中日ビル店は確かに存在する。
本店なのに、支店とはこれいかに?
どこだ~、よく見れば、B2Fと書いてある。
地下二階か、静岡人に地下二階という概念は無い。
目の前の階段を降りていこうとしたら、そこに在った。
10名弱ほどが並んでいたが、二人、またふたりと中に案内されていく。
回転が速いようで、見る見る間にテーブルに着けた。
昨日から冷え込んだので、熱々のものを食したいと皆同じのようだ。
注文を取ると、アガリのお茶と一緒に、漬物がドンと置かれる。

画像

そして、二日間の労い、先ずは生ビールで乾杯。
あ゛ーーーー、真昼間っから飲むビールは最高っ!
この漬物をアテにちびちび飲みたいところだが、お目当ては煮込み。
折角だからと、名古屋コーチン1700えん也を奮発。
玉子はお入れしても?
入れちゃってくださいよ。

画像

で、土鍋到着。
熱々ですので、うどんを鍋の蓋に取ってからお召し上がりください
そんなことしてるのは、余所もんの一見だがね。

画像

蓋を取り、グラグラと煮えたぎっている中に落とされた生玉子の黄身を崩して食す。
熱い、堅い(アルデンテ)、味が濃い(塩辛いの三重苦。
初めて食べたとき、何が美味しいんだろって思ったけど、癖になっちゃうんだよ、これが。
お付き合いをしてくれた、地元の方も、(塩)辛い~。
二郎を食べ続けていると、講師決勝、もとい高脂血症になるが、山本屋を食べ続けると間違いなく、高血圧に動脈硬化だ。
双方を食べ続けると・・・
怖っ。
この二日間の食生活は、かなりヤバイ。
それにしても、うどん一杯に1700えんとは・・・
香川県の製麺所なら4杯お代わりできるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント