夢と魔法の国へ

<12月20日>

あさ550に静岡駅南口に集合。
クルマをコインパーキングの立体駐車場に置き、バスに乗車。
今日は団体旅行で舞浜へ。
去年は夏に出かけたが、年末の方は惜しくも撰に漏れてしまった。
夜明け前に出発、静岡ICから東名高速へ上がり、富士川SAで一旦休憩。

画像

昨日までの好天から一転、今日は雨の予報。
富士川SA(旧富士川町)から見る富士山、雲が懸かっている。
バスは発ったが、次の休憩海老名SAまで爆睡、休憩を取った後もウトウト。
気がつけば東京料金所だった。
やはり昨日の「富士」捕捉の疲れがあるのか?
首都高に入ってからは相変わらずの渋滞。
この先、大橋JCTで渋滞とは毎度のことだが、(都心)環状線との谷町インターでも渋滞との案内が出ている。
普段だと、谷間から環状線内回りに入り、一之橋を交わして浜崎橋から横羽線、芝浦からレインボーブリッジを渡って湾岸線を葛西で降りる、というルート。
最初は環状線内回りに入るため右車線に寄っていたが、空いている左にバスは入った。
渋滞の右車線をよその順調に流れてそのまま外回りに合流、霞ヶ関のトンネルを潜り、千鳥ヶ淵を右手に見ながら皇居北の丸をつっきり、神田橋のランプを通過。
この間、この下を歩いたんだぞ、と息子に教えるも、ふーん。
江戸橋インターと、それに続く箱崎インターと首都高の難所(カーナビ以前に通行している身としては)を抜け、バスは9号深川線へと入り、何年か前、このツアーで息子と二人出かけたもんじゃ屋形船で通った運河が眼下に眺めながら(それは覚えているらしい)、辰巳インターから湾岸線に合流。
距離的には大周りだが、渋滞知らずで流れていたから、却って時間短縮では?
葛西の手前、新木場で首都高を降りて、R357へ。
わたし日中千葉県民だった頃には無かったR357で荒川を渡り、新木場駅を眺めながら江戸川を渡って左折。
ぐるっと廻れば夢と希望の国の駐車場。
予定より30分早着。

画像

バスのナンバーと

画像

駐車場の番号を覚えてから、出動!
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント