お腹が空いたな

<2月4日>

画像

荷物をまとめ、駅に戻る。
昨日は急いだあまり踏み台の固定が甘くて、その後の移動で難儀した。
よって、しっかりと固定。
既にケトセは快速運転の時間帯なので、選択肢はヤテセ(山手線のこと)のみ。
今日のミッションはまだ終ってないけど、用務明けの休暇なのでモードはダレダレ。
静岡が恋しくなるのか、外回り電車に乗車。
通勤ラッシュが一段落した車内、先程までの慌しさからの解放と、昨夜ベッドに入るのが遅かったことに、暖房の暖かさが加わって眠くなってきた。
もう、静岡に帰ってしまおうか・・・
いや、いかんイカン。
そんな優柔不断な考えでどうする。
豪華無料朝食を消化しきってしまったのか、お腹が空いてきた。
そうだ、上野のエキナカで食べればいいや。

画像

と、言うわけで上野で下車。

画像

中電高架ホームの7・8番線へ降りると、隣の6番線に東京方から185系が入線。
踊り子ストライプのA6編成。
昨日井堀信で観たのと同じ、東京-上野間の試運転列車。
昨日に続いて試運転仕業なのだね。

画像

駅そばの立ち食いスタンド、爽亭(そうてい)。
熱海の伊東線ホームとか三島駅舎(JRの南口)と同系列ってことか。
取り敢えず、デファクトのかきあげ天そばを。
間口の広いカウンターの中にはおとっつぁんとおっかさん。
食券を差し出し、おそばで!
おとっつあんの方が人当たりがよさそう。
受け取り口にはアンケート用紙だろうか、なにやら用紙とペンが置かれている。

画像

【かきあげ天そば】420円也。
いただきます。
浦和のホームも井堀信も共に寒く、冷え切った身体に染み透るようだよ。
わたしの後からやってきた山のような御仁(オッサン)。
受け取り口に食券を差し出すと、先程の用紙を取りペンで何やら記入している。
あれ、何だろ。
同じような用紙がわたしの眼前にも置かれていたことに気付き、そばを啜りながらしげしげと眺めてみれば・・・

画像

「トッピングのせ放題」とある。
あーー、以前DJ誌で紹介されていたお蕎麦だ。
「のせ放題」というと、品川の常盤軒がメジャーだったかと記憶している。
ここ、爽亭で載せることのできるのは
 ・生たまご
 ・わかめ
 ・油揚げ(きつね)
 ・揚げ玉(たぬき)
 ・春菊天
 ・ごぼう天
 ・かき揚げ天
の、7種類から各1点ずつ。
おまちどう、おとっつあんから山のような御仁が出来上がりを受け取ったのをチラ見してみれば、ドンブリからあふれんばかりの天ぷらの山。
まさかのオール?
貴方の身体は「のせ放題そば」で出来ているのだね、きっと。

画像

この後、新幹線に乗って帰るだけなら挑戦したいところだが、それはまた次の機会にでも。
わたしは、そばつゆを飲みほしてごちそうさま。
あー、満足まんぞく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント