695Aなう

<3月9日>

画像

朝608の静岡市葵区上空は、青空が覗いている
が、今日は雨の天気予報orz
できれば、天気予報には外れていただきたのだが
と、いうのも↓

画像

静岡駅なう。
638静岡始発の695Aに乗車して、大阪へ向かうからだ。

画像

また出張?
いやいや、今日は年度末に切り捨てられる年休を取得しての、純粋な遠征鉄。
今週一杯で廃止されるトワイライトエクスプレスの捕捉に向かうのである。
もちろん、自腹さ。
では、なぜ次発のひかり(493A)じゃないのか?
流石に身銭を切るとなるとちっとでもお安いほうが(ホントにお金無いのだ)、ということで、「日帰り1day大阪スペシャル」という「ぷらっとこだま」の往復版みたいな個人旅行パックを事前に調達しておいたのだ。
「ぷらっと~」とは異なり、指定列車に乗り遅れても後発のこだま号自由席への乗車が認められていたり、端から自由席利用として購入(料金は列車指定と変わらず)することもできる。
料金的には「ぷらっと~」の方が安価だが「ぷらっと~」のドリンククーポンに対して、こちらは新幹線駅構内の指定売店(キヨスクや駅弁スタンド)で利用できる1000円分のクーポンが付くなど、利用の幅が拡がっている。
何よりも、乗車列車を気にせず行動できるというのが、最大の利点だろうか。
また、「ぷらっと~」はEX-IC同様、新幹線停車駅相互間のみの設定
(例えば、静岡から東京駅で乗り換えて神田降りる場合、東京-神田間は普通乗車券が必要、ということ)
なのに対し、「1day~」は通常の乗車券と同様、静岡からだと大阪市内まで有効となっていた。
だったら、ついでに大阪環状線で前回撃沈した天ナラ(正しくは近ナラ)ウグイス103系も捕捉しちゃおう、と695Aのヒトとなったのさ、長かった・・・

画像

流石に15号車ともなるとガラガラ。

画像

638、静岡を定発。
向かい側上りホームには浜松からやってくる702Aに乗る人たち。
702Aカシオペア・北斗星捕捉東京出張の際に乗る新幹線。

画像

掛川駅なう。
国鉄末期に開業したため、当時12輌に減車されていたこだまに併せた建築設計のため、東京方の約4輌分には未だにホーム上屋根が存在しない。
同時開業の新富士と三河安城も同じ構造。
台風の時にここで抑止したらどうなる?
デッキはずぶ濡れだよね。

画像

名古屋駅なう。
すっかりドン曇の空模様。
ホーム下に見える黄色い物体は、関ヶ原を越えてきた車体に付着した雪を落とすために高圧洗浄機。
テレビのCMやショッピング番組で見かける、独逸のだね。

画像

京都を出ると左手に梅小路蒸気機関車館が
221系に遮られて見えない・・・
建設中の京都てっぱく、建屋の躯体が姿を現し始めたね。

画像

そして、906.
新大阪に到着。

画像

先ずは、環状線へ。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント