富士山と伊豆箱根鉄道駿豆線 その④

<3月26日>

画像

捕捉カツドウ開始。
まずは63列車はトップナンバー3001F

画像

後撃ちは顔潰れ

画像

続いて64列車

画像

ステンレス車体の3011F

画像

65列車
何気に走行スピードが速いんだよね。

画像

3009F
ドアのラッピング広告が3011Fとは異なる。

画像

そして、66列車は元西武鉄道の1302F。
顔が真っ黒だ。

画像

まだ、こちらのほうがマシか

画像

そして、4035M
「踊り子」115号はC1編成
このウテシは前部標識灯を消したのだね。

画像

5輌だと長く見える。

画像

1つ南側の踏切には、わたしよりも先客が1名いたのだが、富士山側ではなく修善寺側、すなわち上り列車狙いに構えていた。
まさかのED31配給列車かとも思ったのだが、それは昨日完了してたことは前スレでもその前のスレでも記した通り。
その後も三々五々鉄がやってくるのだが、皆さんあちら側に。
まぁ、富士山が見えなけりゃ単純に編成写真かと思いきや、顔は潰れてる。
3輌ならまだしも、踊り子だと更に南側の踏み切りに被っている。
顔潰れでも良いのかな?
後からトーカーブを持ち上げるから、それでいいのだろうか。

画像

「踊り子」が大場を発つと配給列車がやってくるハズなのだが、
現れたのは68列車
すなわち、本日の標的は24時間前にココを走り去ってしまったということが確定した。
=轟沈

画像

7000系7102F

画像

67列車は3011F
三島から戻ってきただね
気がつけば富士山が姿を見せてくれた
だけーが、丁度いいところにフェンスだの壁だの・・・

画像

やっと、このお立ち台らしい画が撮れた
でも、何とも中途半端な位置に立ち枯れた樹が・・・

画像

70列車
3003F

画像

よくよく見れば、富士山に高圧線が懸かっちゃってるじゃん。
なんだかなぁ~

画像

また、雲が沸いてきた

画像

69列車1302F

画像

72列車1301F

画像

伊豆ぱこね車は日中は前後とも標識灯を現示しないので、後追いでも画になるけど逆に同じ構図だと単調に同じ画を量産するだけにしか見えない。

画像

無粋なフェンスと柵だな。
左下の柵をみると、誠に不謹慎だが○○ィ○○を思い出してしまう・・・
富士山が無かったら、ナシだな。

画像

71列車は、上りと勘違いして撮り損ねた
これは74列車の3001F

画像

そして、73列車は3003F
富士山ダメだね。

画像

もう、おしまい
撤収だ。
ホント、この時期の富士山は気難しい。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント