世界遺産 三保松原

<5月3日>

画像

憲法記念日の今日は日曜日。
毎年この日に行われる由比漁港のサクラエビ祭り。
去年はサクラエビ不漁のため開催が見送られたこともあって今年は大混雑の予感。
息子がまだベビーカーに乗っていたころ、一度だけ出かけたことがあったが
駐車場がないだろうと、電車(静シス113系)に乗って由比まで出かけたのだが、最近は朝7時過ぎから駐車場が混雑し始めるというから、完全に出遅れ。

画像

代替案として、一昨年世界遺産に登録されてからまだ、一度も訪れていなかった三保松原(みほのまつばら)へ出かけてみることにした。
幸い富士山も姿を見せてくれているではないか。

画像

世界遺産登録当初の馬鹿騒ぎも日と段落着いたようで、海岸近くの駐車場(無料)へ。
世界遺産ともなると助成があるのか、公衆トイレが綺麗に整備されていた。

画像

羽衣の松へ向かう丘を上がると、世界遺産のモニュメントが。

画像

先々週、とうちゃこで火野正平氏が歩いた松林を抜け、先ずは海岸へ。

画像

頭を雲の上に出した富士の峰が、なんとも三保松原っぽさを演出。

画像

暴れん坊将軍こと徳田新之助が白馬を駆ったのはココだ。

画像

それにしても訪れる観光客の姿が目立つ。

画像

清水港と西伊豆の土肥港(伊豆市)とを結ぶフェリーが清水を出港。
富士山を眺めながらの船旅ということで、県道223(フジサン)号線だと言う。
元は別区間の県道番号だったようだが、県(知事)の告示によって変わったらしい。
国道42号線の伊勢湾フェリーとはちょっと違うな。

画像

松林の小経を散策がてら戻る。

画像

白砂青松とはこのことか

画像

立ち枯れてしまった、羽衣の松に代わる、2代目、新・羽衣の松。

画像

気温が高いので、入口の土産物屋でソフトクリームを調達。

画像

しらす入りのバニラソフトだが、しらす(静岡では一般に釜揚げをさす)ではなく、しらす干し(じゃこ)だった。
釜揚げは鮮度に限りがあるから無理もないか。
※黒く見えるのが、しらすの目

画像

三保松原の保全に尽力する女将が切り盛りする老舗旅館。
その女将の姿勢が、逆転登録を叶えたとも。

この記事へのコメント