静岡貨物 視察

<6月23日>

画像

先日、用宗で轟沈したEF66 27が、今度は静岡(貨)で一晩滞泊するというので、仕事帰りに見物に行ってみることに。
グランシップの裏手が機留線だったと思ったんだけど、見当たらない。
とりあえず俯瞰で見渡せる(わたしが物心ついたころから)定番の長沼大橋へ上がって見ると・・・

画像

あぁ、いたいた。

画像

最初に捕捉した時に対して、エンドが入れ替わってるね。
というか、1エンド側が奇数方(東京方)を向いているから正方向に戻ったということか。
最近の貨物機の運用は(無節操に思える)問答無用だから、すぐ方転してしまうようだ。
隣の線の奥に居るPFは、ダイ改からずっと動いて居ないみたい、疎開休車なのかな。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

今日静岡貨まで牽いてきたのと同じ列車を、明日バトンを引き継いで幡生(下関ひと駅手前)までの長躯。
乙。

画像

帰りは静鉄の長沼から電車に。

画像

長沼の車庫にはセノバ号(緑)と大御所400年祭号(奥の黒っぽいヤツ)。
今年の夏も来てみますか。

画像

下り新清水行き普通は1001F。
来春登場の新型電車はA3000形というそうな。
その第一編成(A3001F?)がこのほど元東急車輛製造(現:J-TREC)に発注されたとか。
静岡市の人口減少に一役買えたらいいだろうね。

画像

さて、帰ろっと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント