東北本線 鶯谷-日暮里間にて練習開始 ふたたび

<8月19日>

先客は10、11名か?
流石にラストランが差し迫ってくるとヒトの数が増えるが、先日(7/31)とほぼ同じ位置に入れさせてもらった。
今日もピーカン、とても暑い。
「その時」まで1時間は切っているが、このタイミングのこの位置で構えられれば文句なし。
そうこうしてる間にも、1人またひとりと三々五々参集する。
前回のわたしのように大きなバッグを抱えたビジネス姿のヒトも。
あっ、今日のわたしは出○ついでの朝連じゃ無いからね!
フルタイム、捕捉カツドウ♪
真の遠征、全額自腹さ。

画像

UT線直通の外にも、上野終着の列車が地平ホームへの線路をやってくるので練習にはなる。

画像

問題なのは手前を走る常磐線だけだ。
先日はあわやE531系の妨害で撃沈の危機を「天の声」によって事なきを得たのだが、果たして今日のこの布陣で「天の声」はありうるのか?

画像

前に入れさせてもらった少年は息子と年端の代わらない、中学生だろうか・
いいカメラ持ってるよなぁ(息子も「ボクの40D」などと戯言を言っている、もちろん認めず)。

画像

とにかく静かなんだよね、この間と違って。
連れ立ってる高校生以外、見知らぬ者同士の会話は皆無。
これじゃあ、「天の声」なんて在り得ないな。

画像

階段の上側の先客には、爺鉄もいるんだけど、なんだかなぁ。
ダンカイの爺ってのは、どうにも・・・

この記事へのコメント