上野駅13番線にて8007列車を見送り

<8月11日>

上野駅公園口から池袋までの切符を購入し、改札を入り山手線内回りへ下ろうとしたその刹那。
構内放送が耳に入った。
「寝台特急 北斗星 札幌 行き は 13番 線 から、発車いたします。 ご利用のお客様は 13番 線 へお越しください・」
えっ、今日走ってるんだっけ。
時計を見たら、16:18
あと2分も無いじゃん。
ビデオカメラだけ持って、息子を連れて13番線へと連絡通路を急ぐ。

画像

あった、13番線

画像

「北斗星」って出さんのかい

画像

よし、行くぞ!

画像

階段の途中から「あゝ、上野駅」が聞こえてくる。
やややや、間に合わないか?
それにしても、息子が階段を駆け下りる足取りは軽い

画像

いた、北斗星

画像

あゝ、上野駅は2コーラス目に入った
それにしても大勢居るぞ

画像

先頭のEF510までは辿りつけないな、ここで見送ろう

画像

と、ドアが閉まった
贅沢言えば引戸より折戸の方がブルトレらしいんだけどね

画像

「黄色い線の内側まで下がってくださ~い!」
の声と同時に、ピィと短く汽笛吹鳴

画像

少しの間を空けて、ガチャンと密着自動連結器の間隙を牽引力が伝播して発車。

画像

食堂車クルーのホームへの最敬礼は
無かった
北斗星グッズを買い求めるのか、食堂車内を右往左往している姿はなんだか見苦しいなぁ

画像

安全を確認するカレチ氏の姿

画像

そして、最後尾のオハネフ25
開放式B寝台は親子連れだろうか、満席。

画像

貫通ドアには誰がくっつけるのかヘッドマーク

画像

僕も乗りたかった・・・
そのキモチはこちらとしても、ヤマヤマなのだが、如何せん上野-札幌。
一家4名で静岡から往復するには、財布の紐は緩んではくれないのだよ。
赦しておくれ。
「富士ぶさ」の最終列車(9002レ)を息子を連れて見送ってから、早6年半。
一度はブルトレに乗せてやりたいと思いながらも、ついぞ叶わなかった。
わたしの暮らしは何ら向上していないことの裏返しか?・・・orz

画像


画像


画像

この記事へのコメント