東海道本線 静岡駅にて5071列車と3071列車捕捉

<11月14日>

目撃情報より5071レにEF66 27号機、3071レにEF65 2121が入って東海道を西に下っているという。
両機とも今や稀少な国鉄特急色、それを一網打尽にできる千載一遇のチャンス。
みすみす指をくわえて見ていることは無いので出撃。
とはいえ、降りしきる冷たい雨なので、静岡駅ホームから・・・(軟弱)
朝一番のバスに乗り、静岡駅へ。
EF66 27は去る10/19、1097レを牽引中に東海道本線三河三谷にて立ち往生、自走不能となり、救援機のEF64に牽かれて稲沢までムド。
翌々日、吹田機関区へと回送されて帰区。
休車札を挿されて、一時はどうなるかと心配されたが、検修を無事に済ませて11/6から運用に復帰したそうだ。
入場券を購入して下りホーム東京端へ・・・
無人で一番乗り。
それにしても暗い。
テレコン連結は止めにして、70-200をf2.8に固定し、ISO3200に設定してもシャッタースピードは1/400が限界。
条件はカツカツ。
直前、HID前照灯を煌々と光らせた下り新幹線が到着。
最近乗車頻度が高い、新横浜を600に発った493Aだ。
途中、小田原に停車しながら僅か40分で静岡に到着、速い。

画像

「4番線を 貨物列車が 通過します。」
の自動放送。
そうか、いつも493A乗車時に目撃するカモレはこの列車だったのか。
桃太郎が牽いていることが多いような気がしたが、それは代走ということだね。
煌々と二つの前照灯を照らし、東静岡から新幹線をアンダーパスして高架へと上がって来た。
あれ、前照灯の位地、低くないか?

画像

あっ、こっちがEF66か。
先にEF65で後からEF66だとばかり、勘違いしていた。

画像

反射が酷くてファインダーがよく見えないが、結構なスピードに乗って通過。

画像

露出は低いし、ゴーストバリバリ。

画像

まぁ、捕捉出来ただけでも、ね。

画像

静シスを出区した、4372M「ホームライナー沼津」2号となる373系の回送が入線。
特急「ふじかわ」誕生20周年のラッピング車を期待したが、弊結した2編成とも通常編成だった。
373系も登場から20年が経ってしまったのだね。

画像

次第に空が明るくなってきた。
ISO2000に下げても、1/1000まで稼げる。
先ほどと同様、自動放送で二つの前照灯が接近、EF66とは異なり位置が高い。

画像

PS22Bを高らかに上げた、EF65 2121(改番前1121)号機が轟々と通過。

画像

EF66 27号機共に東海道フルトレの牽引歴は無いと思うが、後ろに連ねるクルマが24系25形(ステンレス帯)であればと、往時に想いを馳せた。

画像

7時には店開きすると思っていた「富士見そば」で暖いそばでも、と思ったらまだ開店しておらず。
大人しく、バスに乗って撤収。

この記事へのコメント