東海道本線 熱海駅にて練習開始

<12月15日>

入場して伊東線ホーム(1番線)へ。
貨物列車は熱海を通過するから、春先の583系のように撃沈することは無いだろうと、と。

画像

伊東線普通列車の伊豆急8000系がホーム中ほどに鎮座。
ホーム有効長は明らかに隣の東海道本線よりも短く、11~12輌ってとこだろうか。
ターゲットの通過時刻が次の伊東線上り電車の到着時刻とほぼ一致しているので、電車の停車位置よりも外側に構えなければ捕捉できない。熱海到着の際、このホーム伊東方に先客1名を見たが、伊東線の入線遅延をヘッジするなら反対の東京方だろう。

画像

エスカレータを上がり、停車中の伊豆急8000系電車の最後尾に立って現況を見てみると、ガイナーな東海道本線ホーム上屋には一杯に蛍光灯が設置されているが、こちら側伊東線ホーム上屋は短く、蛍光灯で照らされる範囲で捕捉出来そうなのは、せいぜい数両分。しかも、電車の停まらない上屋は蛍光灯が間引かれていて、満足な露出が得られそうに無い。
さらに、ターゲットの主役は後ろなので後追いも捕捉したい。のだが、現況後追いを捕捉しようとすれば、伊豆急を交わす位置まで前進するとなると、正方向が真っ暗に。
結局欲の皮の突っ張ったわたしは、その中間に構えることにしたのだ。

画像

わたしよりも東京方に先客がいるが、余程高感度に強い本体なのだろうけど、あの位置からまともに撮影できるのだろうか?後追い重視なのかな。

画像

一方、背後の停車位置付近にはいつしか数名が待機。ターゲット側面全体が照らされるためにな、手前まで引かないと厳しいのでは。わたしは広角系での動態ブレだけは避けたいので、望遠で望む。
でもって、練習電での結果は・・・

画像

3535E 熱海止まりの小金井発「快速アクティー」
早くも回送幕

画像

真っ暗・・・

画像

SSは1/500

画像

1569E 小金井発沼津行き
9月の台風の帰りに乗った列車だな。
あの時はUT直通が中止され、東京駅の始発として乗ったんだっけ。

画像

熱海から先は列番を327Mへと変える。

画像

とにかく、暗い。
二世代昔の我が1D3で、ISO拡張H(6400)を始めて使う。
すると、貨物列車通過のアナウンス。
早いぞ、DJ誌、またガセか?

画像

と、思ったら桃コンテナの71レだった。

画像


画像

とにかく、暗いわ・・・
やがて伊東線5661M、伊豆急行線の伊豆高原行きが静かに出発。
この状態が続いてくれれば御の字なのだが、残念ながら
「お待たせいたしました。間もなく 1番線に伊東線・・・」
と自動放送が伊東線列車の入線を告げると、到着時刻の1744よりも早く伊豆急8000系が到着した。
これで、後追いの被りが決定した。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント