『全国駅そば名店100選』を食す 番外編 その2

<12月15日>

画像

後続の普通列車で追っかけようかとも思ったのだが、寒いしお腹も空いてきたので同じホームの「爽亭」で駅そば。
中を窺うと、静鉄甲種を捕捉し終えた鉄なのか、はたまた一般客なのか不明だがL字形カウンターはほぼ爺や年配のヲさ~んで満員。取りあえず表の券売機で、前回のお気に入りである「豚肉そば」を発注。ちょうど、1人食事を終え出て行ったのでそこへ着く。そういえば食券3枚で生卵サービスってのがあったっけな。その旨のお知らせを見ると、3枚目でサービスが適用される、とある。『3枚目で』ということは、①583系Y176号の時②台風出張の往路に続いて、③なう?
定期入れ(ICカードケース)から後生大事にしまってあったそれらの食券を発掘し、カウンターの向こうに向かって
「おねいさん、食券2枚あるけど使っても大丈夫?」
と告げて差し出すと、わたしの「豚肉そば」の仕上げにかかっていたおねいさん、一瞬、今言わないでよ!的顔つきでわたしの手から食券を受け取り、内容を確認。すると、生卵を1つ落としてから供してくれた。

画像

図らずも「豚肉玉そば」になった。
ダメ元と思われても言ってみるものだ。

画像

起死回生の「豚肉玉そば」。
黄身を崩して全体を混ぜるように描き込めば、これがまたなんともマイルドな味わいというか、溜り醤油の角(醤油臭さ?←蕎麦つゆはコレが良いんだけどね・・・)が取れ、これまた美味にて箸が進む。
すると、一揃い客のオーダーに応えたおねいさんが、わたしに「豚肉のお客さん」と、今日わたしが発注した食券に「済」のスタンプを押印して返してくれた。
今日の食券も有効なんだ、と返せば、そうだと。
来春も583系の河津桜号が走ればリベンジしたいし、SV踊り子のラッピング車や185系の補足を兼ねて、伊東線や伊豆急行を訪れてみようかな?
と、思う。
ごちそうさまでした。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント