今日のお昼ごはんは近鉄京都駅「麺ざんまい」

<2月9日>

画像

そろそろお昼どき。
近鉄京都駅改札入って左側に、立ち食いそばスタンド「麺ざんまい」を発見。
お品書きには、中国で始まった春節休暇を意識した誘客が目立つ。
入口に掲げられた幟(のぼり)が示すように、ここは生蕎麦を食べさせてくれるのだそうな。
お初なので、わたしの中ではデファクトたる「かき揚げ」そばにすべきなのだが、店頭に貼られたポスターにあった『冬あったかフェア』の「肉あんかけ」そばの食券を購入、発注する。
カウンターの止まり木で待つこと数分

画像

【肉あんかけそば】が供された。
てっきり、「かけ」に牛肉の煮込み餡かけが載ったそばかと思いきや、丼にかけつゆは張られておらず、茹でた蕎麦に直接餡かけをぶっかけた豪快な一杯。

画像

餡は関西というか、いかにも京都らしくダシの風味の出ていて、おろし生姜と(おそらく)九条ネギが味の良いアクセントとなっている。ただ、生蕎麦に餡を直にぶっ掛けては、生蕎麦の持つ喉越しの良さは味わえるハズもなく、むしろ袋入りの茹でそばの方がこの組み合わせには合致しているのでは?と思えた。
もっとも、熱々の餡と生姜のシナジーによって、西大津の捕捉で冷え切った身体は温まった。
個人的には九条「ネギだく」が良かったのだが・・・
ちょうどお昼時ということもあり、次々とオッサンがやって来る、関西の客商売は「安かろう悪かろう」ではそっぽ向かれるというから、それだけ味は確かだという証だろう。
ごちそうさまでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント