京浜急行へ

<2月19日>

品川駅連絡橋のドン詰まりの京急乗換改札へ。
羽田空港へ向かうのかガラガラやスーツケースを転がす連中が多く、勤務先へと急ぐ通勤者の妨げとなっている。
改札の向こう京急品川駅のホームは黒山の人だかり。
何事かと思ったら京急の駅係員が案内している内容に「振替輸送」の単語。
よく聞けば、今朝方発生した停電の影響により大幅にダイヤが乱れているのだそうな。
うへ~、民鉄捕捉など普段しもしないことを、しようとしたためか?
取りあえず各駅停車は3番線の発着だというので、跨線橋を渡って移動。
ちょうど、下り各停が発ったばかり。
3番線の出発案内には、次発青砥行きとなっているが、浦賀方から入線した1500形電車を、ホームのアナウンスが折り返し確定の神奈川新町行きだと告げており、車体側面の行先方向幕もその通りに現示したので、乗り込む。
どうやら、泉岳寺以遠都営浅草線への直通が中止されている模様。
一体どの程度遅れているのか不明だが、品川を発つ。

画像

北品川の次が目的地の新馬場。
「しんばば」ではなく、「しんばんば」と読むんだって。
同じく徳川家康が築いた城下町ながら駿府(静岡)だと馬場町を「ばばんちょう」と読む、よく判らん。
待避線のない対抗式ホーム2面の高架駅で、順光となる上り列車のお立ち台は降り立った下りホームの浦賀方。

画像

が、コンコースへの階段から先への立入は柵によって制限されており、お立ち台としては狭いしなにより乗降客の邪魔以外の何ものでもない。
よって、新馬場での捕捉は取り止めとし、次の各停を待つ間にググって見ると鮫洲を発見。
新馬場とは異なり、駅の前後が大きくカーブしているようで変化があっていいかも。

画像

と、いうわけで移動。
またしても、1500形に乗車、途中の青物横丁と京浜東北線大井町の間に、かつて弟が住んでいたので品川から青物横丁までは何度か乗ったことがあった。

画像

鮫洲に到着。
鮫洲といえば運転免許試験場か。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント