根府川駅へ速攻移動、そして練習

<3月5日>

米神踏切で轟沈した八トタ189系の団臨、まさかのM51編成(国鉄特急色)。
熱海到着後は夕方の帰途上り列車迄、車両整備も兼ね一旦国府津へ入区するため、捕捉機会があるのだ。
が、根府川で30分近くバカ停するため189系の回送が米神山トンネルから現れる頃には逆光、もしくはお天道様が山の陰に隠れてしまう公算が大きいと断定。30分も指をくわえて待っているくらいなら、正午前に189系の走行シーンを捕捉できる根府川駅へ行ってしまおうと大慌てで移動。今日は朝一番からよく歩かされる日だこと。
根府川駅に到着すると、駅前広場では何かのイベントを開催していて、屋台やら物産品の販売が行われてにぎわっているが、今はそれどころではない。Suicaで入場、跨線橋から神戸方を見ると、いるわいるわ。
189系の臨時回送は3番線へ入るため、4番線(下本線)には大勢の鉄が神戸方から整列。その列の一番東京方に構える。
既に身を乗り出している挙動不審な輩がいるので、テレコンはそのままで引っ張ることに。

画像

3524E、上り快速アクティーがやってきた

画像

189系の6連って収まるかな

画像

続いて5052レ

画像

EF200が牽引。近頃では引退が囁かれておりクジラと呼ばれ人気だそうな。
だが、今日は主役ではない。
さて、そろそろ時間。
のハズ。
今更ジタバタしても始まらないか・・・

この記事へのコメント