伊豆多賀駅なう

<3月5日>

画像

意外に下車客が多くてびっくり。
なぜココ伊豆多賀で下車したかというと、少し気になるお立ち台があるので実地検分しようと思ったからである。駅は小高い丘の上に在り、駅舎から階段を降りたところが駅前広場。ここから相模湾の海岸線に向かって丘陵地の斜面に住宅がひしめき合っている。駅前広場から急坂を下り、道なりに5分ほど進んで今度は急な上り坂のドン衝きに目指すお立ち台が在るはずなのだが、そこは大層立派なお寺。お寺の境内の頭上を伊東線がプレートガーター橋で跨いでいるのだがこの鉄橋をやや俯瞰に撮影した画像が気に入ったのだが、そのお立ち台は墓地。実際に見てみると線路に向かって左手の丘(伊豆多賀駅のある丘)の斜面には棚田状に墓石が連なっており、その頂とも言える場所にステンレスの柵を設けた見晴台のような場所が確認できるが、どうやらそこから撮影された画像のようだった。ただ、完全にお寺の境内(=私有地)なので、厨にでも撮影許可を申し出てお寺のご厚意によって認許されればいいかもしれないが、そもそもがお墓の真っ只中で電車の写真を撮るという行為が公序良俗に悖るというか、社会生活を送る人間としてのモラルを疑うので、駅に引き返す。先ほどとは逆の駅に上る坂がとても急坂で、ここは二度と訪れることは無いな、と確信した。
伊東駅へ向かって昼寝中の583系を撮影するつもりでいたのだが、それは去年やったし、動いていない列車を撮っても面白くないしな。
折角伊豆多賀で降りたから、踏切へ行ってみるか。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント