伊東線 伊豆多賀駅にて

<3月5日>

画像

だーれもいない。
小さな踏切だが、障害物検知の光電管センサーがいい塩梅に邪魔してくれるので、これを避けて撮影するには定員2名と言ったところか。桜が咲くと良い画が撮れるというので有名らしいが、この狭さではどうしようもないだろう。その肝心要の桜は、枝が架線やケーブルに干渉するのか線路側の枝が切り落とされていた。

画像

先ずやってきたのは、9131M「踊り子」161号のOM04編成。
光電管や標識を交わすのはかなりのピンポイントなので、ズームで退きながら連射。
ちなもにこの「踊り子」号、常磐線我孫子からUT線をスルーしてやってきたようだが、ここまで来てしまえばどこからやってこようと、どうでもいいか・・・

画像

5645M
伊東線内を往復する普通列車は全て伊豆急のクルマ。
かつては、サロ110×1を連結した113系7連って専用編成があったんだけどね。

画像

3035M「踊り子」115号、A7編成。
右隅の出発信号機が煩いので、少し退いてみたら・・・

画像

転轍機標識と障害物光電管の餌食・・・

画像

5647M
障害物を回避できるまで寄ってみれば、ホームが・・・
これだと「踊り子」の10連は納まらず。

画像

8051M「リゾート踊り子」号。
米神踏切で東京へと向かう回送を目撃したが、その黒船電車が乗客を乗せて戻ってきた。去年、熱海で583系撃沈した直後に乗ったのがこの黒船電車だったっけな。同じ黒なら「SWラピート」の方が後発な分だけ一枚上手かな。

画像

それにしても、苛立たしい標識だよ!

画像

5649Mは、伊豆半島のジオパーク加盟を目指したプチラッピング車。
さて、ぼちぼち制限時間かな。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント