およそ30年振りに静鉄急行に乗車

<8月31日>

画像

静岡鉄道新静岡駅なう
2011年10月のダイヤ改正で、17年振りに急行運転が復活したのだが、平日朝の通勤・通学時のみに運転ということもあり、なかなか乗車&捕捉の機会に恵まれなかったので、高校生の時分以来実に30年近く振りに『急行電車』に乗ってみた。
急行灯を現時、『急』の前サボを掲出して入線。クルマは1010F。行先方行幕は既に『急行 新清水』である。この方行幕は手動のハズだから、ひと駅隣の日吉町停車時にウテシがクルクルっと回したのだろう。

画像

側面の種別表示も『急行』、久し振りに拝んだよ。左隣のブランクには『ワンマン』が表示されていたんだけど、いつの間にか表示されなくなった(もっと昔は前面窓にもバスみたいに『ワンマン』プレートを提げてた、と思った)。
7:09、僅か4分の折り返しで発車。流石に世間一般はド平日、ロングシートは埋まり、立ち客も。
新静岡を出て、あっという間に日吉町を通過。余りにも駅間が短いから本当にあっという間である。市街地で朝も早いからか、通過時のミュージックホーンは使用せず、粛々と各駅を通過していく。駅間距離が短いのと曲率の大きなカーブのため、急行とは言えぶっ飛ばし運転をするわけではないが、それでもゆっくりでも流れる車窓を眺めていると「もう、こんなところまで来たのか」という印象を得た。
最初の停車駅は新静岡から数えて7駅目の県総合運動場、所要時間は約6分。各駅に停車する普通が10分を要するから、表定速度は1.7倍という速さである。
ちなみに、車輌基地のある長沼を除けば同線で唯一の待避施設を有する駅(かつての急行運転では、上下線とも同駅で先行の普通が通過待避をしていた)。新静岡から同駅までの区間運転普通列車が設定されていて、同駅にて後から追ってくる急行に接続、通過駅を補完するダイヤ構成となっているようだ。
ココから先は新清水への足として、乗降客が少ないとされる県立美術館前と終点新清水の手前、入江岡を除く各駅に停車していく。なかなか良く考えられたダイヤだと思う。
※上りは『通勤急行』という種別で、停車駅パターンが利用客の実態に併せ、下りの『急行』とは若干異なる。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント