三島から新幹線に乗ろうかと

<5月29日>

熱海駅なう。
伊東線ホームの1番線から東海道線下りの2番線に戻ると、先ほどまで乗車していたの伊東行き1891Eからの乗継客と熱海や伊東線からの乗客でごった返している。沼津から先の313系6連程度でこの量を捌けるハズも無く、三島まで我慢して三島から新幹線の自由席特定特急券を買って新幹線に乗ることにした。
なぜ熱海から新幹線に乗らないのか?いい質問だ。熱海-静岡の新幹線自由席特急料金は1,730円に対して、在来線で2駅違いの三島から乗れば、三島-静岡は特定特急料金が適用され980円と半額に近い。これはなぜか?国鉄時代、新幹線こだま号の利用促進にと新幹線の隣駅間の自由席特急料金を一律800円に設定したことに端を発する。設定当時、東海道新幹線には新富士、掛川、三河安城の各駅は存在しておらず、三島-静岡、静岡-浜松、豊橋-名古屋の駅間距離の比較的長い区間では重宝したのだ。それが分割民営化を控え、新幹線新駅が開業した際にこの制度が無くなるのでは?と鉄の同級生の間では戦々恐々としていたが、ふたを開ければ、新駅を挟む区間の特定特急料金は廃止されずに残った。その代わり800円から900円に値上がりしたと思った。その制度が今でも継続して適用されている、という訳なのだ。
で、わたしは静岡までの乗車券は持っているので、エクスプレス予約でe特急券だけ購入、現在は980円也。
三島駅の新幹線乗換口には、静岡駅や東京駅にあるEX予約専用の発券機が設置されておらず、EX発券も出来る自動券売機が2台あるだけで、その2台ともにどこかのオッサンが操作に手間取り悪戦苦闘ちう。駅員がヘルプに廻るわけでも無く、ただ時間だけが無駄に過ぎていく。有人窓口も休憩中なのか、ロールスクリーンが下ろされて埒が明かない。
そうだ、わたしの乗車券は大宮→静岡で途中下車(出場)できるじゃん。一旦自動改札から出場して、改札外の新幹線用自動券売機でe特急券を発券して、再入場。オッサンはまだ格闘していた。操作がとっつきにくくてやや煩雑なので、誰もヘルプにつかないというのも問題ありかと。

画像

ところで大宮から熱海までのグリーン券が780円だというのに。時をお金で買うとは言え、新幹線って本当に高いんだね。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント