丹波路快速に乗車

<6月2日>

画像

大阪駅4番線なう。
向かいの環状線ホームと駅名票が重なっているなと気付き、反対側を振り向いてみると

画像

これまたたくさん重なって見える。
おもろ~

画像

3007M特急「こうのとり」7号福知山行き。
赤帯の683系ということは、かつて381系だったということだ。

画像

目的地迄の乗車時間51分、対する後続の丹波路快速は66分と15分(0.25時間)の差だが、到着してから先、そのアドバンテージを活かせないので、敢えて特急に乗る必要も無く。

画像

当駅始発の丹波路快速2727Mに乗車、223系6000番台は6連だとばかり思ったら、8連だった。
最後尾8号車に乗車。清々空いた転換クロスシートの快速は快適以外のなにものでもない。
以前、381系捕捉を企んでいた撮影ポイントを車窓に確認。今更どうするの?だが、何かの参考になれば。
先週の浮島沼(新富士-三島間、富士市)がそうだったように、三田-新三田間は田植え前の水鏡状態。ピーカンの空を映して、一年で一番良い時期を象徴しているかのようだ。
新三田から北の福知山線に足を踏み入れるのは何十年振りだろうか?

画像

山間(やまあい)から人里に出たところが丹波路快速の終点、篠山口(ささやまぐち)。
丹波篠山と言えば、丹波の黒豆と松茸(まったけ)の名産地だが、その玄関口である駅前には、ワタミとファミリーマートの他には、何も無いところだった。
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント