駿河湾に望む日の出

画像

海岸端の防潮堤から駿河湾を望むと、ちょうど日の出を迎えていた
沼津の内浦の辺りかな
判らんけど
駿河湾越しに見える稜線は天城連山に繋がる伊豆半島

画像

こちらは清水側右手の山が駿河湾に落ち込んでいるところは、安藤広重の東海道五十三次で描かれて有名な由比宿と興津宿の間に立ちはだかる薩埵(さった)峠
それに重なるように見える低い山は、日本武尊がその名の由来である日本平
更に左の水平線に並行な低い土地は天女が羽衣を掛けた松でお馴染みの三保松原
歴史だか伝説だか訳がわからないけどそうの舞台が一望できる

この記事へのコメント