山陽本線 鷹取駅にて

画像

鷹取で下車
本日2番目のミッションを果たすためである
このあと、隣接する神戸貨物ターミナル駅に今朝方和田岬支線の103系車窓から見た、東武鉄道の新型特急電車500系リバティの甲種輸送列車が到着する
今日3連1本、明日3連×2本が川崎重工兵庫工場から搬出され、ここ神戸タで9連に組成されてから東武鉄道に引き渡すためJR貨物の甲種輸送列車として東上する
ただ、静岡近辺を通過するのが日曜日の未明から早朝にかけてと捕捉にはとてもビミョーな時間帯
先週の千代田線16000系最終編成と同様、寝坊したらそれっきりなので、一期一会だと思い捕捉機会があるならば確実に行動しようと立ち寄った次第
ホームには既に先客が数名

画像

鷹取といえば、国鉄時代から著名な鷹取工場
当時のことはわからないけど御殿場線の御殿場駅や山北駅前に保存されているD52を製造したり、そのD52のボイラを流用して製造されたC62のボイラ換装を行ったり、今は梅小路にいるC53を当時の交通科学館への収蔵を記念、復元して京都まで復活運転させたり、かのトワイライトエクスプレスの24系客車の改造を行ったり、とても高い技術力を有する名門工場だったと記憶している
到着を待つ間にそんな話を滋賀から来られたという年配鉄の方としていたら、件の鷹取工場、わたしの記憶通り駅に隣接していたことが判明
1995年1月に発生した阪神淡路大震災でこの辺り一帯は甚大な被害を受けたことは周知の通りだが、鷹取工場も同様に罹災、被害の大きさや神戸市の復興事業計画の要請もあり閉鎖された
わたしが休車中だった出来事でまさに寝耳に水だった
工場の跡地は売却されたり、現在の神戸貨物ターミナル駅が出来たらしい
震災当日、全検中だったC57 1が架台から脱落した姿が今でも記憶に残っている(その背後には下関のEF66の姿も・・・)
そんな会話をしていたら、気がつけば背後に十数名の年配衆
見れば首から一眼レフを提げている
リバティ甲種目当ての爺鉄集団のようだ
どうやら着発した下り電車から降り立ったようで、おそらく川崎重工から出場するところを撮影してから追っかけてきたのだろう
平日の雨模様だというのにその数は増え、鷹取駅ホームは「祭」騒ぎに
今がこんなんで、明日の土曜日になったらどうなるんだ?
先週の千代田線甲種を新鶴見の原色PFの2139号が牽引したが、すぐさまムドで吹田にトンボ帰り
同じく川崎重工から出場したJR四国の新型特急気動車を高松まで甲種輸送した後、まだ吹田にいるらしい
もしかしたら、PF2139が明日リバティを牽いて新鶴見に戻るのか
と予想してるんだけど、もしそうなったら現況から鑑みるに明日はドエライことになりそうだ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント