熊谷市で慰労会@季節料理 磯野

画像

慰労会なう
季節料理 磯野へ

画像

外観は一般住宅
ここが小料理屋だとはパッと見、判らない
磯野家は平屋だが、見た目は野比家(※1)か野原家(※2)といったあんばい
磯野家だからと言って、サザエやカツオは出迎えてはくれない

画像

先ずは季節の先付八寸

画像

クワイ、ながらみ、タケノコとホタルイカ、ハスの酢漬け、シラスご飯、ローストビーフ
とりわけタケノコが美味

画像

続いて椀物
タラの芽と有頭エビの吸い物
タラの芽のこういう食べ方は初めて
みるさ(←しぞーか弁)全開で、美味

画像

お造り
鱸と鮪

画像

鱸は歯応えを残しつつも柔らかく
鮪の脂の乗り方がインドマグロ(←ミナミマグロって呼び方、わたしはしない)だろうか
海から80kmも離れているのに、なかなかレベル高いぞ

画像

続いて豚角煮
これも濃厚で柔らかい

画像

揚げ物はコロッケ

画像

菜花と桜えび(食感から釜揚げか?)の彩が見事
こんな所(地元から遠く離れた場所、という意味)で地元の食材に出会おうとは、感慨深い
麦味噌をつけていただく

この後は口直しの酢の物とあがりに鯛めし(これがとても美味)に水菓子としてチョコレートケーキが供されて締めたのだが、美酒に酔い写メを失念してしまった
ここまでの写メはお店と同行者の同意を得ていることは言うまでもない
それにつけても料理、お酒、サービスの何れもレベルが高い
外観からして大人の隠れ家であった4年前、同じ面々と熊谷で催した会もなかなか情緒のあるお店だった。熊谷の夜はレベル高いね
heading.html

著作権についてお願い

弊ブログでは開設以来、掲載する画像・映像・資料ならびに記事内容等は著作権法の対象として、著作者の許諾を得ない無断転用・使用等を固く禁じており、その旨を掲示しています。

画像等の転用・使用等を希望される場合は当該記事のコメント欄にその旨を記入ください。その際に利用目的や利用場所等を伺ったり、引用・出典元の掲示をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント