「熊谷ロイヤルホテルすずき」に投宿

画像


慰労会だけで帰れば東京駅で新幹線を乗り継げば今日中に静岡まで帰れないことも無いのだが、539A(東京2200発最終ひかり)に乗車して目が覚めたら終点名古屋・・・
なんてことは避けたかったので、熊谷で一日を終えることにした
今宵の投宿先は熊谷駅南口の熊谷ロイヤルホテルすずき
一泊素泊まり\5,600だというのでどんなところかと思ったが、なんか新しそう

画像


予約サイトの紹介記事では、ルーツは創業大正11年の割烹旅館だそうで、地元の方によれば昔からある名の知れた旅館だそうで、去年ぐらいに新館の増築とリニューアルを行ったのだとか
接客や客室の調度などマニュアル通りの無機質なものとは異なる手作り感漂うアットホームな雰囲気
ちょうど、民宿にお世話になるような、そんな感覚を覚えた
客室の窓のすぐ上越新幹線のバカ高い高架が聳え、ちょうど熊谷駅下りホームの新潟端のホーム上屋が見えた
編成の短い上越新幹線、あんな端っこまで乗客がいることはあるまい

この記事へのコメント