京成3000形甲種輸送捕物帳 のはずが・・・ その1

画像

今日は豊川の日本車輌から京成電鉄“新”3000形の甲種輸送があるという
先日、新鶴見のEF65 2101号が関西仕業に下ったのだが、台風21号の影響で関西~四国の仕業がウヤとなり、吹田から稲沢へムド配給されたとのことだった
このタイミングで稲沢に回送されたということは、もしや京成甲種に充当か?ってなわけで仕事を調整して本日午後を休暇取得、東京機関区仕様を纏ったPF2101号を迎撃すべく、いつもの場所にやってきたのだが、肝心のPF2101はその日の内に別のカモレにムド継走され新鶴見に帰区してしまったのだ、まいっか

画像

ところが肝心の京成甲種、日車を出場したはいいが定時を過ぎたというのに豊川の駅を発っていないというのである
どうも豊川から西浜松まで牽引するDE10にトラブル発生?
エンジンを停めてしまったとか
単一機関の冗長性の無さとはこういうことか

画像

これではあと何時間待てばよいのかわからないし、まさかの8860レ(静岡貨物に154-612)に時変との声も・・・
それじゃあ堪ったものではない
どうすべぇか
撤収しようかと思ったら同じく新鶴見のPFが受持つ5087レと3071レが揃って大幅遅延だとか
両列車とも遥か北海道から東海道へと長駆駆け抜けてくる貨物列車で、9/6に発生した北海道胆振地方の震災の影響で運転できずにいたが、3071レは9/9発分から、5087レは9/10発から運転が再開された様子
しかしながら10日発の5087レが途中豊橋を+9時間23分、同3071レが終着浜松に+13時間54分延とあるのだ
定時なら両列車共に静岡駅を早朝に相次いで通過するのでそれぞれ16時頃、20時頃の通過となるのだろうが、1340頃湯河原辺りをPF2127号(カラシ)の牽くカモレが通過したらしく、どうやら西浜松行きの3071レらしい
一方、1400過ぎに5087レが新鶴見を発ったとのこと、こちらは先週全検出場したばかりの2092号だそうな
途中旅客待避など運転停車が無ければ熱海から静岡貨物まで1時間強で到達する、ただ今の時刻は14:25。
未だに豊川から動かず、来るか来ないか判らない京成甲種を待つのは諦め、白昼東海道を下ってくるEF65に目標を変更するか

画像

というわけで立ち位置チェンジ

画像

うーん、折角だからアウトカーブ0角度よりも側面を入れた構図がいいよな・・・

画像

ってなわけで静岡駅に移動
ド平日だからだーれもいない

画像

鮫貨物が通過

画像

これは沼津発稲沢行2079レ、定通のようだ
ただ今の時刻は15:15。
うーん、どうせならストレートではなく変化をつけたいぞ
ってな訳で上り電車の乗って東上だ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント