本線上りは諦めて常滑線下りを迎撃

画像

中部国際空港行き特急
このクルマもパノラマSuperの一族らしい
改造車だとか?

画像

普通内海行き
先ほど回送された5700/5300系だろうか
まだ現役で活躍してくれているとは嬉しい限りである
5700/5300系はSR車5000系列の代替としてわたしが名古屋で1年間生活していた時の名鉄最新車だった
ライバルの国鉄名古屋鉄道管理局が東海道本線(浜松)豊橋-大垣間快速に京阪神の“新快速”で大好評だった117系を57-11のダイヤ改正で投入、“東海ライナー”の名で運転を開始したが、その後60-3のダイヤ改正で先頭車を増備して6両だった固定編成を4連と4連に倍増して今に繋がる快速のフリークエンシー運転化を図ったり、国鉄が私鉄との競合区間に特別運賃を設定するなどの施策に対して名鉄が出した答えが車輌更新によるサービス向上、それがこの新しいSR車だった
流線形の5000系に端を発するSR車の2扉転換クロスシートというスタイルは変えず当時現役だった7000系/7500系パノラマカーまでは行かなくても前面眺望を確保するため助士席側の正面窓を大きく開いた前面非対称のデザインに新鮮さを感じたものだった
※その代わり、国鉄からは153/155/159系、名鉄からは5000/5200系がそれぞれ淘汰されてしまったけど
5700系は界磁チョッパ制御の新造車で5300系は本形式投入によって置き換えられた5000系列の制御機器を流用(車体は新造)した名鉄のお家芸
見分け方があったかどうか定かで無いがわたしには車体側面の車番しか判別がつかない
いやいや、いいクルマを迎撃させてもらったよ

画像

またしても5700/5300系のお出まし
今度は特急内海行きだって
かつては右隣の本線を“高速”(座席指定しない“特急”、現在の全車一般車“特急”)として颯爽と走っていた
支線とは言え今でも優等列車の仕業に就いているとは感無量である
これにて時間切れのため撤収

この記事へのコメント