曙祭り

<3月14日>

画像

晩ご飯食べ終えて、NHKニュースを見ていたら、こんな画面に。
(肖像権とかややこしいことはようわからんので、お顔は伏せさせていただいた)
生中継だってさ、上野は解るが、なぜ秋田?
と思ったが、秋田や津軽の人たちの凱旋列車だった。
20系の時代は、ナロネ21が2両付いていたっけもんな。
東京で一旗挙げて、あけぼの(もっと昔は津軽)のA寝台で帰郷し、故郷に錦を飾るというのがステイタスだという。
静岡人のわたしにはよく判らんが、東海道線で言えば特別急行つばめ、はとと同じくらいのステイタスなのだろう。
14系化されたばかりの津軽なら、3月初旬に郡山から米沢まで乗ったことがあるが、自由席なんて座れず、デッキに立っていたが、板谷峠を上がっていくと、14系の折戸の隙間から粉雪が舞い込んできて、みるみる積もっていく。
寒いったらなかった。
だから、板谷峠にはいい印象が無く、そこを通るあけぼのやつばさにもあまり好印象は無かった。
もっとも、あけぼのが板谷峠を通らなくなって久しいし、ましてや上越線経由なんてあけぼのじゃ無いだろう。
それは寝台急行天の川だろうに(特急格上げで出羽になったんだっけ)。
そういえば、天の川にもナロネ21が2両付いていたっけな。
よほど、A寝台に思い入れがあるんだねぇ。

画像

で、上野の生中継開始。
おーおー、大勢いるなぁ。

画像

そして、いつもよりながーーく汽笛が鳴って9021レ発車。
ただ、寒地向機関車のピーーーーーーーーーーーーーって汽笛、ハッキリ言って頂けない。
風情無さ杉。
東海道筋を走る、機関車のポーーーーーーって汽笛の方が良いよ。
わたしの実家は静岡駅から北に2km程のロケーションだが、子どもの頃は夜中に聞こえてきたもんね。
布団の中で聞くブルトレや貨物の汽笛と、ジョイント音。
今は夜中でも騒々しいから聞こえなくなったけど、風情があったよ。
ゴハチとか静岡駅で富士ぶさの最後に聞いたEF66の汽笛も、ポーーーって音。
まぁ、そればかり聞いていたからだろうけど。

画像

安全確保のため、添乗の機関士さん(今は機関士とは言わず運転士なんだってね)が手を振っている。

画像

ヘッドマークこそ付いてるけど、やっぱブルトレ色の方が・・・

画像

あぁ、行ってしまう。
車掌さんも手を挙げている。
気持ちは判らないでもないが、ありがとうってのは・・・
どうでもいいが、それは列車に向けるんじゃないの。

画像

あぁ、上野を発っちゃう。
あれ?上野方ってカニ24じゃなかったっけ?
※会社の鉄先輩曰く、電源車の騒音問題でカニが青森方を向くように編成全体を方転したのだそうだ全然しらんかった。

画像

あぁ、行ってしまった。

画像

今度は秋田から上り9022レの生中継。
駅長さん、マスコミ演出。

画像

なんじゃ、こりゃ?
塗膜がもげてる?

画像

こちらが、カニ24。
あさかぜや瀬戸が24系25形化された時に登場した100番台。
はやぶさや富士の元祖カニ24よりスマートで格好良いなと思ったよ。
なんか違和感があると思ったら、貫通扉が塞がれてる。
実際使わないし、隙間風が酷いから埋められちゃったんだろうね。

画像

うわ、妻面がボッコぼこだな。
こりゃ、車輌の老朽化って言われちゃうわけだわ。
そりゃそうだよなぁ、わたしが小学生の頃から走ってるもんな。
最後の「普通の(豪華じゃない)」ブルトレが無くなってしまった。
来年は、北斗星ですか・・・

"曙祭り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント