東十条朝連なう

<9月18日>

画像

N'EX17号
東北貨物線から山手貨物線を経由して成田空港第一ターミナルまで。
かつての253系からこのE259系に変わってからは2回しか乗ってないなぁ。

画像

続いての上り普電はSSラインに被られてもうた。

画像

またしても10連。
この時間で10連(実質8連)はキツかろう。
東海道線と横須賀線の専売特許だったハザ(グリーン車)。
もっと昔は山手線や中央線、京浜東北線や中央総武緩行線にもロザ(当時は二等車)が設定されていたというけど。
わたしが物心ついた時、普通列車(電車)でグリーン車が連結されていたのは湘南色の東海道線(東京口だけではなく、京阪神快速にもあった)と、スカ色の横須賀線だけだった。
それが、横総直通で総武線快速にもグリーン車が設定され、子供の時分にモノの本によって得た知識では、大企業の部長級ともなれば、通勤用のグリーン定期が支給されるという。
グリーン車が連結されている=需要があるのは、湘南や鎌倉に住まうブルジョアのヒトたちだけだと思っていたので、一体誰が総武線のグリーン車に乗るんだろうと子供ながらにも思ったものだが、いざ蓋を開けてみれば混雑を避けるヒトは、身銭を切ってでもグリーン車に殺到していた。
今じゃ、かつて通勤5方面作戦と呼ばれた重点輸送路線で、中央線を除く総ての路線(東海道横須賀、東北高崎、常磐、総武)にグリーン車が連結されてしまった。
それだけ日本が豊かになったのか、はたまた格差が拡大した証なのだろうか。

"東十条朝連なう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント