観光地百選一位※ 日本平

<5月3日>

画像

折角富士山も見えていることだし、日本平山頂を経由して静岡(旧静岡市)へ戻るとするか。
通行料が無料化されて久しい日本平パークウェイを清水側から登る。
有料だった昔、夜間料金所が閉鎖(無料開放)されると、要するに峠を攻める人たちが夜な夜な集まっていたのだ。
他所の例に漏れず社会問題となった。
昔を思い返しているのか、わたしらと同世代の単車乗りがワインディングを華麗に駆け抜けていく。
山頂の駐車場に到着、車を置く場所が無いが、丁度出庫するクルマがいたのでそこへ入れさせていただく。
やってきたは、お向かいの久能山東照宮の国宝指定が決定した2010年の春以来、娘がヨチヨチ歩きだった頃。
その時は国宝指定決定によって、東照宮境内と日本平山頂を結ぶ静鉄のロープウェイが劇混みでどれりゃーことになっていた。

画像

先ずは展望台から。

画像

眼下には先程までいた三保半島の海岸線に沿って三保松原が伸びている。

画像

清水港に面する清水の市街地は見慣れた風景。
以前と違うのは正面の庵原山中腹に伸びる筋。
数年後には中部横断自動車道となる、今は東名高速道路と新東名高速道路とを結ぶ短絡線だ。
山頂に向かって歩みを進める。
今日は富士山が隠れることなく、清々しい眺望。

画像

赤い靴の歌碑や

画像

富士山ビューポイントとか。

画像

標高308mの山頂に到着。
山頂と言ってもなだからな山容なので、どこがピークなのかよく判らない。

画像

麓の動物園と共に、幼稚園や小学校の遠足の目的地なので、子供の頃から慣れ親しんだ場所。

画像

前回、訪れた際には在静TV放送各局のアナログ波送信塔がまだ林立していたが、地デジ化によって役目を終え解体撤去され、今は共同の1本だけが建っている。

画像

日本平ロープウェイの山頂駅へ行ってみた。

画像

今日も、団体客を始めとする観光客が押し寄せ、ロープウェイは連続運転中だという。
ホームから続く長い行列は駅舎の外にまで溢れ、最後尾からは50分待ちだって。

画像

先程、三保松原で静鉄職員がこのロープウェイの割引券を配っており、見てみれば東照宮まで往復1000円程度。
でも、50分も並んじゃいられないな。
何でもない普通の休日に訪れたほうがよさそう。

画像

駐車場に建つ石碑をバックに記念撮影。
前回来たときも同じアングルで撮った。
世界遺産と観光地百選第一位を巡った、プチ観光終了。

掲題※:色々あるみたい、よくわからん。

"観光地百選一位※ 日本平" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント