たまには外でお昼ごはん

<6月16日>

画像

今日は午後から集まりで外出。
お昼は会社めしではなく、外で食べることに。
たまにはいいじゃん。
暑いからサッパリした冷たいお蕎麦がいいなと、呉服町裏通りの「戸隠」の支店へ。
後から出来た伊勢丹に近い呉服町表通りの「戸隠」は混雑してそうなので、こちらへ。
本店はJR静岡駅から西へ2kmくらいから?
昼も夜も駐車場に困るくらい混雑。
この支店も、カミさんと結婚する前カミさんの妹と当時5歳だった甥っ子(今は高校二年生)と4人で呉服町(しぞーかの繁華街)での買い物の途中、立ち寄って以来だが、その時もめちゃくちゃ混んでいて、しぞーか人は「戸隠そば」好きだなーと、その時以来ある種のアンチテーゼを抱き店からは脚が遠のいていたのだが。
何故かというと、ネギをたらふく食べたいキモチなのだ。
さっぱりしてていいじゃん。
暖簾をくぐってビックリ、だってお客が2組3名しかいなくてビックリ。
10数年で客の嗜好も変わるのか。

画像

【磯おろしそば】900円なり。
「磯おろし」とは、こちらが発祥だそうで登録商標だというのは、川辺町の本店で食したときに知った。
20年も昔のことだ。

画像

カウンターに添えられた薬味というよりも付け合せのネギをたっぷり載せ、それらをシッカリとかき混ぜていただく♪
これを食したくてやってきたようなものだ。
蕎麦はコシのシッカリした角の立った蕎麦。
さやえんどうは余計だが、それ以外は渾然と口の中に頬張って食べるのだよ。
無粋だのなんだのと講釈を言って、すする蕎麦ではないのだ。
賄が起源だそうだが、美味しけりゃいーじゃん、みたいな。
ズルズルとすすっている間に、ひとり、またひとりと「おひとりさま」がやってくる。
皆さん長年通っているのだろうか年配客が多く、どう見積もってもわたしが最年少。
まぁ、お上品な値付けだから仕方はあるまい。
ぶっかけのつゆは蕎麦茹で割って残さずに頂いて、ごちそうさま。
いやぁ、久々に食した「磯おろし」、変わらず美味しかったんだけーが、
盛りもお上品なもんだから、もう少しお腹一杯食べたかったっけな。
(しぞーか弁)

"たまには外でお昼ごはん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント