大井川鐵道 大井川第一橋梁にて「きかんしゃトーマス」捕捉

<7月3日>

折角島田までやってきたので、間合時間にトーマスでも軽く捕捉するかと、カメラ一式を持参したのだ
トーマスは新金谷を1038に発つのでクルマで出かけやすい場所といえば、大井川第一橋梁
てな訳で道の駅川根温泉へ直行
夏休み前だというのに駐車場はデラ混雑
森のコテージ側にクルマを停めて第一橋梁の袂へ行くと、老若男女、鉄も非鉄もごっちゃになって大勢がトーマスのお出ましを今か今かと待ち構えている
11時過ぎ、山峡を汽笛がこだまする
どうやらSL急行トーマス号が家山駅を発ったようだ
国鉄制式蒸機のホイッスルは米国輸入機の系譜なので、欧州ベースのトーマスのそれとは音色が異なるが、そこまで変えられてしまってはC11 227号の魂を抜かれたも同じ
変なこだわりを抱かれなくてよかったと思う

画像

ぶぉぉぉぉぉおおおおおおーーーーーーーーっと汽笛長声
対岸の線路端に立つ欅の上にもくもくと黒煙が湧き上がる
キタっ、トーマス!

画像

漆黒の蒸機は幾度と無くこの場所で捕捉しているが、トーマスはお初

画像

愛嬌のある顔を見せ、轟々と鉄橋を渡る

画像

モノホンのトーマスはアニーとクララベルという2輌の客車が相棒なのだが

画像

大鐵トーマスは親兄弟親戚までも総動員したのか7輌もの客車を連ね、排煙が巻いて隠れているけど殿(しんがり)には大鐵スタンダードの後補機までぶら下がっている

画像

トーマスの場合、長大編成を捉えてもトーマスらしさが薄れるのでトーマス主体に構図を変更
この方がらしいよね

画像

それにしても黒煙が凄いな
通過直後、あたり一帯が煤煙に見舞われたほど
普段の蒸機運転でもここまで撒き散らさないと思う
トーマスを追っかける鉄(推奨せず)、次の下り蒸機を待つ者とに別れ、下りトーマス祭はお開き

"大井川鐵道 大井川第一橋梁にて「きかんしゃトーマス」捕捉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント