惜別 185系L特急「踊り子」号

2021年3月12日をもって国鉄185系電車による特急「踊り子」号の定期列車仕業が終了した。
この日を待たずに早くから去就が取り沙汰されていたので、何かのついでに迎撃した画像がいくつかあった。
いわゆる行き掛けの駄賃。いずれも再掲。

_H9B2414.jpg

_H9B2490.jpg

_H9B2550.jpg

_H9B2633.jpg

_H9B3105.jpg

_H9B2778.JPG

_H9B8165.jpg

_H9B8266.jpg

_H9B5193.jpg

_H9B8619.jpg

_H9B2416.JPG

_H9B2420.JPG

_H9B2324.JPG

_H9B2498.JPG

登場当初はこんなの特急(形車輛)じゃないだのなんだのと叩かれまくっていた(し、わたしも当初はそう思っていた)が、現車の出来栄えを見てみれば、普通車の新幹線0系由来の転換式クロスシート(モケットは茶色だった)さえ除けば及第点、いやいや、むしろ無機質(「ビジネス特急こだま」の旧モハ20系電車由来のビジネスライク)と評される特急形電車/気動車のアコモデーションからするに、そこから脱却すべく381系の車内妻面に採用された木目調をはるかに凌駕する素晴らしい出来だと思ったものだ。転換式クロスシートさえ除けば(北海道用のキハ183系が良すぎた感だが)グリーン車含め当時のアコモデーションとしては第一級だったと今でも思うところである。少し前に同じような転換クロスシートを装備して鳴り物入りで登場した近郊型117系(性能的には185系と変わらず)と比して、京阪神間の新快速に対して東京口では特急料金取るのか?とまで叩かれたが、通勤用の近郊型と乗降デッキを有する優等列車用とではその差は歴然。117系新快速と185系特急とでは運転曲線だってちがうんじゃないかな。知らんけど。

"惜別 185系L特急「踊り子」号" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]