テーマ:富士山

まだまだ居残り練習

三島発浜松行き 751M 沼津発島田行き 753M 沼津発島田行き 757M 宝永山から南東方向に流れる雲は刻々と姿を変えている 風が強そう・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

居残り練習

1097レがぶっつけ本番だったので居残ることに 富士山は先日の荒天と冷え込みで積雪がお見事
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田子の浦ゆ うち出でてみれば 白妙の・・・

静岡からの運賃を精算のため一旦出場 駅舎はモダンな姿に 建替え、いやリノベーションかな でも無人駅かされちゃった? 万葉集に詠われた山部赤人の和歌をモチーフにしたレリーフが その不二の白峰(しらね)に更なる雲が 次は富士山絡めてと思ったけど 今日は辞めにするか 中線に桃貨物が到着 さっき吉原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移動ふたたび

後続の普通列車三島行きに乗車 最初の目的地に到着 おっ、先客あり この地(駅はまだ無いよ)に立った山部赤人がその姿に感動したという不二の白峰 さっきより雲が酷いわ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡へ撤収

今日は最後まで富士山が見事! 勿論、ホームからもその姿が望める 20分ヘッドの普通列車を待っている間に身延線の特急ふじかわが通過 ふじかわ@富士川である 165系の急行時代(もっと昔は80系の準急)は「富士川」だった やっとこさ電車がやってきた 日も暮れて寒いったらない
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線 富士川駅なう

静岡へ戻るため出場 富士川駅は明治22(1889)年、東海道本線の東京-神戸間全通と同時に開業 開業時は岩淵駅と言ったそうな 富士川駅への改称は1970年だって、割と最近まで岩淵だったんだね 静岡県の東海道本線には大きな河川名を冠する駅が多いがその中では最古の駅みたい。 天竜川、安倍川、富士川 大井川は鉄橋で越えるが駅は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

500Aなう

<2月19日> 静岡駅新幹線上りホームなう。 朝練でPF2119号(原色:国鉄特急色)を無事捕捉した後、意気揚々と500Aに乗車して東京へ。 新富士で先行の706Aをパス。 背後に見える富士山が 今日はお見事! でだ。 午後から会議なのだが、AMは休暇を頂戴するも、今日は8010レ「カシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡鉄道にて1000形電車捕捉ふたたび②

<12月5日> 1011F「ちびまる子ちゃん」号 ふたたび静鉄電車へ 基本、富士山に向かう方向に、しかも住宅地を縫うように走る静鉄。 富士山背景となると、上り(新静岡方面)電車を正面がちにしか捉えられないので、午前中と同じ画づら。 こちらは、架線柱に加えて沿線の電柱が加わり、障害物が多いのが難点。 1009F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡鉄道にて1000形電車捕捉ふたたび①

<12月5日> 先々週と同じお立ち台へ。 先ずは1009F「オリジナル号」。 と、同時に先客の姿も。 決して他人のことを言えた立場ではないが、新型車輌の登場とはそういうものなのか。 1004F「コカ・コーラ号」。 挨拶を交わしてご一緒させていただくと、後からもう一方やってきた。 ココ(この場所を指すのか、静…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡鉄道を「ちゃんと」撮影してみた②

<11月21日> 今日は富士山が姿をみせてくれているので、場所を変えよう。 有名かも、な富士山との正面射ちへ。 1003F「無加飾オリジナル号」 1008F「セノバ号」 1009F「オリジナル三色斜めストライプ号」新製冷房車 1006F「オリジナル三色斜めストライプ号」冷房改造車 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700Aなう

<6月24日> 静岡駅なう。 最近はこのフレーズばっかだけど、これより静岡駅初電の700Aに乗車 この電車は、静岡駅東方の静岡電留線に滞泊した編成が使われるため、上り列車ながら東京方から入線する。 今はまだ空いているけど、これから停車駅を重ねるごとに混雑するのさ。 昨夕、長沼大橋の上から見た、E…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

506Aなう

<5月22日> 用務出張のため、506Aに乗車。 新大阪から到着した506A、自由席は満杯。 県都静岡でそれなりに降車するヒトもいるので、どうにか山側E席を確保できたが、デッキは愚か通路にもl立客。 ひかり号自由席の出張はつらいよ。 新富士を通過してからの、浮島沼。 ちょうど田植直前、代掻き(しろかき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観光地百選一位※ 日本平

<5月3日> 折角富士山も見えていることだし、日本平山頂を経由して静岡(旧静岡市)へ戻るとするか。 通行料が無料化されて久しい日本平パークウェイを清水側から登る。 有料だった昔、夜間料金所が閉鎖(無料開放)されると、要するに峠を攻める人たちが夜な夜な集まっていたのだ。 他所の例に漏れず社会問題となった。 昔を思い返して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

702Aなう

<4月16日> 645静岡定発。 今日は自由席(2号車)。 富士山は朝霞(あさかではない、あさがすみ)の中。 先週くらいからずっと雨模様だったからか、見事な冠雪。 東京には800到着、京浜東北線北行に乗換えて・・・ では、朝連一本行って参ります♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山麓 檜の杜にて③

<4月11日> 檜に伐採と植林を終えて、お待ちかねのお昼ご飯。 主催者のご厚意によって、豚汁が振舞われた。 (雨模様で薄ら寒かったので、社メ前に箸をつけてしまった・・・) このロケーションでの暖かい食事は、とても心が安らぐね。 子ども達も、普段は箸の進まないお味噌汁だが、美味しいおいしいといってお代わりしていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山麓 檜の杜にて②

<4月11日> 伐採したからには、切りっぱなしというわけにはいかない。 と、いうわけで新に植林を行わねばならない。 用意されたのは檜の苗木。 先ずは先生のお手本から。 筍掘り用とも思える歯幅の小さな鍬を使って表土を浚ってから、φ300(直径)、D300(深さ)の穴を掘る。 苗木の葉の裏側(白いY字形の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山麓 檜の杜にて①

<4月11日> 富士山麓某所(静岡県富士宮市)の檜の杜。 これから、伐採体験。 まずは木こりのお兄さんから、注意事項など説明を受ける。 切り倒す樹には、細引きが括りつけられており 樹にチェーンソーで切り込みを入れたあと、こどもたちで細引きを引っ張り みんなで力を合わせて伐採するのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山と伊豆箱根鉄道駿豆線 その④

<3月26日> 捕捉カツドウ開始。 まずは63列車はトップナンバー3001F 後撃ちは顔潰れ 続いて64列車 ステンレス車体の3011F 65列車 何気に走行スピードが速いんだよね。 3009F ドアのラッピング広告が3011Fとは異なる。 そして、66列車は元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆箱根鉄道駿豆線ふたたび

<3月26日> とにかく、行くだけ行ってみよう。 大場(だいば)で下車。 初めて降り立った、こんなモダンな駅舎なのだね。 駅の北西にあるのが 伊豆箱根鉄道の本社だろうか 駅構内から敷地内に引込み線が延びていて、その奥が車両基地と検修工場になっている 大雄山線の5000系はここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撤収⇒非鉄仕業へ

<1月12日> かなーり久方ぶりに拝見した、JR三島駅舎は建替えられたらしい。 昔の黒い駅舎は三嶋大社の御本殿を模したそうだが、富士山型の屋根の伝統はどうにか守られているようだ。 伊豆箱根鉄道の三島駅そば処で喉を潤し、お腹を満たした後、20分近く待って 1553発浜松行きに乗車。 そういえば、沼津や三島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば 伊豆箱根鉄道駿豆線

<1月12日> 三島二日町駅に戻る。 往路より速く、15分程で到着。 三島行きの上り電車は7101F 転換クロスシートの豪華普通列車。 思えば、前回駿豆線に乗ったのは、研修のため修善寺のリゾート施設に行った6~7年前。 研修カリキュラムの最終日、朝食を終え、食後のお茶を啜っているとき、テレビのNHKニュースか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山と伊豆箱根鉄道駿豆線 その③

<1月12日> 捕捉再開 65レ 3003F 66レ 3001F 動態ブレか? 4035M C6ヘセは「踊り子」115号。 やっと捕捉できた、踊り子ストライプ。 68レ 3009F 67レ 7101F どうも、顔が甘いなと、思ったらISO200でf16の1/200だった。 こり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

次なるお立ち台へ

<1月12日> 三島二日町(みしまふつかまち)で下車。 一つ手前の大場(だいば)との間にある超有名お立ち台には、下馬(三脚のことを言うらしい)2脚と数名。 往路の「踊り子」からも下馬4~5脚ほどが構えていた。 今日は富士山が綺麗だから、別段ネタは無くても人が出てくるんだね。 これまた、味のある駅舎だこと。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撮影場所変更のため移動

<1月12日> 韮山駅リターン。 上り三島行きに乗車、3000系3003F。 確かに前照灯は点いていないね。 部活帰りの少年たちと乗り込む。 尾灯も点いていない。 よく知らんけど、それでいいんだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山と伊豆箱根鉄道駿豆線 その②

<1月12日> 宝永山が正面を向いている、伊豆半島からの富士の姿。 続いて場所を変え、線路端へ移動。 上り60レは1300系 57レは3000系ステンレス車。 さっき乗ったヤツかな? そして、後撃ちだけど4026M。 駿豆線入りする際に乗車した4025Mの折り返し、「踊り子」106号。 J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山と伊豆箱根鉄道駿豆線 その①

<1月12日> 56レ 3000系 正午近くとなると、早くもサイドに陽が回らない。 53レ 7000系 何かヘッドマークが着いてる。 58レ 1100系 元西武鉄道の新101系というらしい 伊豆箱根鉄道は西武鉄道のグループに属するのだ、滋賀県の近江鉄道も同じグループ。 そして、185系 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more