テーマ:松屋銀座

届いた!

<10月21日> 20時半頃、会社を出る。 カミさんに帰るとメールすると、速攻返信。 珍しい、なんだと思って開いてみれば 松屋からとどいたよ とある。 そう、先々週の出張ついでに出かけた松屋銀座、「銀座の男」市で新調したスーツが届いたというのだ。 思ったよりも箱が小さい、というカミさんが言ってたが、確かのその通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向学心から

<10月15日> 先週、松屋銀座の「銀座の男」市で指南を賜った、紳士服バイヤー・宮崎さんの著書を、静岡市立図書館の蔵書に見つけたので借用、拝読した。 なるほど、昨今グローバリゼーションを唱える企業が多いクセに、ビジネスシーンにおける日本企業のドレスコードというのは、余りにも島国根性、というかガラパゴス化しているのが実情のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松屋銀座 「銀座の男」市

<10月9日> 松屋銀座にやってきた。 目的は、これ。 「銀座の男」市 松屋銀座の紳士服催事。 かの「バイヤー宮崎、渾身の企画」、である。 10時のチャイムと同時に開店。 入口には10数名の人々が固唾を飲んで待ち、入店。 流石は銀座、走る人は居ないが、カジュアルな出で立ちの若い衆がスタスタと先頭を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more