テーマ:山陽本線

山陽本線 神戸貨物ターミナル駅(鷹取駅)にて甲9892列車(東武鉄道 500系甲種輸送)捕捉

兵庫駅の和田岬支線ホームから凸に牽かれてRevatyがやってきた ありゃりゃ そんなところで停まっちゃうの しかも前照灯消してるし 入換灯を現示したと思ったら 凸が離脱 Revatyはこのまま、明日のこの時間まで放置プレイということか この間、爺鉄集団を中心に押し合いへし合いまでは行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陽本線 鷹取駅にて

鷹取で下車 本日2番目のミッションを果たすためである このあと、隣接する神戸貨物ターミナル駅に今朝方和田岬支線の103系車窓から見た、東武鉄道の新型特急電車500系リバティの甲種輸送列車が到着する 今日3連1本、明日3連×2本が川崎重工兵庫工場から搬出され、ここ神戸タで9連に組成されてから東武鉄道に引き渡すためJR貨物の甲種輸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陽本線 舞子駅

JR舞子駅なう 実に25年振り 当時、この舞子で社会人としての第一歩を踏み出したのである この周辺は白砂青松の風光明媚な土地だったと記憶しているが 当時の記憶と大きく異なるのは ↑これ 明石海峡大橋が完成していること 当時、橋脚の基礎(ケーソン?)程度は工事していたのかな? ぜんっぜん記憶に無い 大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陽本線 舞子駅にて回????M捕捉

舞子駅のお立ち台はホーム神戸方の端っこなのだが雨脚が強まり、ホーム上屋の下で待機 狙う列車の詳細なスジが判らないためいつ来ても良いようにスタンバイ 背後から列車の近接放送が流れた こんな時に来ないでよと願いむなしく、前方左手の松林の陰からいきなり現れた! 少しでも前方にと、雨の中へ飛び込むが想像以上にスカイブルーの車体が迫る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陽本線を西へ

兵庫に戻り 再び山陽本線下りホームへ 上り列車線をディーゼル特急が通過 「はまかぜ」かな 西明石行きの緩行線普通に乗車 この電車がかつては103系スカイブルーの7連だったのだ 山陽本線で当代きっての景観、須磨の浦を過ぎると明石海峡大橋が見えてくる 写メはしくじったけど建物の背後にメインケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陽本線和田岬支線 和田岬駅探訪⇒534M乗車

和田岬駅なう 駅舎は存在せず、バス停に設けられるような屋根にバス停と同じく時刻表が掲示されているだけ 改札は兵庫駅で乗車前に済ませているため電車を降りたらフリー ホーム中ほどにも並行する道路に降りる階段が数箇所設けられいる 午前中最後の電車だからか思いのほか乗客がぞろぞろと降りてくる 兵庫に 向かって折り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陽本線和田岬支線 533Mに乗車

兵庫駅和田岬支線ホームなう 雨降りのため撮り鉄を返上して乗り鉄に 和田岬駅まで一駅を往復することにした 青22号、いいね~♪ 朝の通勤ピークを過ぎたので快適そのもの アコモ更新されたので化粧板が白っぽいが元来は薄緑色だったし、戸袋窓も埋められてしまったが それでも側窓のユニットサッシが国鉄通勤型電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陽本線和田岬支線 兵庫駅なう

山陽本線兵庫駅なう ここから和田岬支線を往くスカイブルー103系の捕捉に向かおうと思ったのだが いざ兵庫駅に降り立ってみると雨脚が強まっており、沿線の撮影ポイントまで向かおうかどうか考えている暇は無かったが、兵庫駅からお立ち台まで徒歩10分。一方朝の下り終列車(?このあと夕方まで列車の運行なし)の発車まで10分。躊躇してみすみす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陽本線 1562M

<8月23日> 宮島口駅に戻り、Suicaのチャージをしていたら、上り電車がやって来た。 走って跨線橋を渡り滑り込んだ。 電車の行き先の白市ってどこ? 今度は115系300番台。 新製冷房車ってヤツだね。 湘南色だと東北線(北ヤマ)や高崎線(高シマ)、スカ色だと中央東線(西ミツ)が活躍の場だったと記憶している。 広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折角だから観光に

<8月23日> 広島駅で解散。 時間に余裕があるので、折角遥々安芸国までやってきたのだ。 安芸といえば、日本三景の一つ、宮島を拝まないでどうする。 コインロッカーに荷物を預け、Suicaで入場。 次の山陽線下りは、1200丁度発の大野浦行きだそうだ。 大野浦って、ドコ? 普段エラそうに鉄道を語っているクセに、所詮はこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more