テーマ:JR東日本

横浜セントラルタウンフェスティバル“Y157”記念列車返却回送捕捉

<5月29日> そして、その時。 こちら側11番線ホームにも回送列車到着のアナウンス。向かいのホームから転線してきた鉄も多数。わたしの後ろにも何名かが並ぶ。 前方では、点字ブロック(要するに黄線)から身体を迫り出す連中が後を絶たず、わたしは点字ブロック上に座り込んで連射。画像は写り込んだ鉄をトリミングしているが、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとう特急ひばりの旅

<5月6日> 6/18、19の両日、仙セン所属の485系1000番台がラストランを迎える。往年の特急列車の名を冠した団体臨時列車として最後の花道を飾るというのだ。「ひばり」「あいづ」「つばさ」として、旧仙台鉄道管理局管内を走るのだが、「つばさ」は仙山線を往復するだけ。福島-山形間が新在直通のため、改軌されてしまったものだから4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱海なう

<3月8日> 平日だというのにやたらと人がごった返しているので、出場してみた。昨年12月の際には暗くてよく判らなかったが、建替えられた駅舎はこんな具合になっていた。 駅前も整備され、巨大な足湯が設けられて大勢の観光客が浸かっている。 ロータリーには、近隣から旅館やホテルの送迎バスが居て、それぞれが宿泊客を詰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捕捉終了、撤収

<3月8日> 米神踏切での捕捉カツドウを終え、撤収。 ご一緒した皆さん、お疲れ様でした。 バスに乗って根府川駅へ戻ろうと、R135の今にも崩れそうなつっかえ棒で補強されたバス停に行くと、あれ、行ったばかりじゃん。バスのダイヤを1時間見誤っていたのだ。 旧道に戻り歩いて根府川駅へ戻ることに。波は高いが青々と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線 根府川-早川間にて、もうええやろ!

<3月8日> 1857E 高崎発熱海行き 実は先週末、伊豆多賀で一緒だった受験生氏から、昨日今日明日と三日間、臨時急行「伊豆・箱根ものがたり」号のハンドル訓練があるとのツイートが出回っているとの情報を得た。自宅に戻り色々調べてみるとどうやら昼過ぎに伊東線を走行するスジのようだった。3/8なら583系の「河津桜」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線 根府川-早川間にて先週末の撃沈を振り返る

<3月8日> 3623E 快速「アクティー」 やっとこさ、毛色の違うE233系がやってきた 1541EはまたしてもE231系 先週末はE233系だったのに、逆やん でもって、上り線をカモレが悠々とフランジの軋み音を響かせながら通過していく。 そう1060レである。 先週末、ここで1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線 根府川-早川間にて更に練習

<3月8日> 583系が去ると、鉄はわたし1人だけとなった。 超有名お立ち台も、ネタが来なけりゃ平和なんだね。 今日はこの地区のゴミ出しの日らしく、踏切の直ぐ脇の集積場には出勤途上に車でゴミを出しに来る人や、犬の散歩ついでにやってくるヒトなど、何処にでもみられる平和な朝である。 731Mは付属編成の5連。 平塚発熱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線 根府川-早川間にて練習開始 ふたたび

<3月8日> 1550E 3日前の記憶が鮮明なので、持参した古いダイヤグラムと見比べ、上り列車も含めて練習開始。 ほーら、いきなり貴重なPF貨物だよ。 5086レは2060号。 測距点が変わってしまったのか合唱せず。でも、かつて東京を目指して一斉に上っていたブルトレはこんなカンジだったのだろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東線 伊豆多賀駅にて

<3月5日> だーれもいない。 小さな踏切だが、障害物検知の光電管センサーがいい塩梅に邪魔してくれるので、これを避けて撮影するには定員2名と言ったところか。桜が咲くと良い画が撮れるというので有名らしいが、この狭さではどうしようもないだろう。その肝心要の桜は、枝が架線やケーブルに干渉するのか線路側の枝が切り落とされていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆多賀駅なう

<3月5日> 意外に下車客が多くてびっくり。 なぜココ伊豆多賀で下車したかというと、少し気になるお立ち台があるので実地検分しようと思ったからである。駅は小高い丘の上に在り、駅舎から階段を降りたところが駅前広場。ここから相模湾の海岸線に向かって丘陵地の斜面に住宅がひしめき合っている。駅前広場から急坂を下り、道なりに5分ほど進ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東線へ

<3月5日> 世の中、ネコさんブームだそうが、そんなものに踊らされているようでは、お話にはならない。 「豚肉そば」ちうに入線したのは、伊東線から伊豆急下田へ直通する普通列車5043M。JR伊東線の列車だが、使用するクルマは伊豆急行リゾート21のペールブルー号。懐かしの伊豆急100系や1000系カラーだ。が、車内は立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根府川から撤収

<3月5日> バカ騒ぎだった撮影大会も終わり 停まってる列車には食傷気味なので、やって来た3525E快速アクティー(と言ってもこの先終着熱海まで各駅に停車)に乗車して撤収。 春の行楽シーズン真っ只中のためか、車内はバカ混雑。 乙。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八トタ189系探訪

<3月5日> 熱海団臨の疎開(?)回送、回9834M@根府川 直ぐ海側の下り本線を「踊り子」が通過するというので並びを捕捉。 185系が「踊り子ストライプ」なら正しく国鉄時代の再現だが、こういうときに限って貴重な「185エクスプレス」号。このクルマ、願わくば米神踏切で捉えたかったのに、残念。 およそ30分の停車時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

根府川駅へ速攻移動、そして練習

<3月5日> 米神踏切で轟沈した八トタ189系の団臨、まさかのM51編成(国鉄特急色)。 熱海到着後は夕方の帰途上り列車迄、車両整備も兼ね一旦国府津へ入区するため、捕捉機会があるのだ。 が、根府川で30分近くバカ停するため189系の回送が米神山トンネルから現れる頃には逆光、もしくはお天道様が山の陰に隠れてしまう公算が大きいと断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線 根府川-早川間にて団体臨時列車9833M轟沈

<3月5日> 前方にあるチカチカが点滅した、来る。 何が来るかというと豊田車セ(八トタ)の189系団臨、9833Mがである。 編成番号M50~M51まで、3編成存在する内の何編成(何色)がやってくるのか不明だが、とにかく直流用特急形電車の189系が東海道を今まさに下って来んとするのだ。 ところが、である。チカチカ点滅と、ほぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線 根府川-早川間にて更に練習続行

<3月5日> 583系、ロクロク27号とネタの波状攻撃が止んでも、居残る撮り鉄たち。 ソレは何故かといえば、本日中央東線高尾から武蔵野(貨物)線を経由して熱海まで団臨が走るのだ、その団臨というのが、直流用特急形電車の189系。豊田電車区、もとい豊田車両センターのクルマ、ということはサンブンノイチの確率で特急色のM51編成がや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線 根府川-早川間にて引き続き練習

<3月5日> 583系の通過を以って去る人多数、わたしは去った人の後に改めて構える。 UT線からのスルー運転では無いからなのか「東海道線」表示の727M。 調子こいてズーミング連射 1097レ 鮫103号車 729M こちらも非UTなのか「東海道線」。 1521Eは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝から出撃

<3月5日> JR静岡駅なう。 ただいまの時刻、4:50(AM)。 自宅を4時前に出て、とぼとぼ歩くこと1時間。 上りの初電沼津行きに乗車する。 反対側下り初電の岐阜行きは、大垣の313系で転換クロスシート車。かつては311系だったけど、いずれにせよ静岡ローカルには珍しいクルマ。 上り「サンラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞に由りますと・・・

<2月18日> 帰宅して、晩酌しながら眺めていた夕刊に目が釘付けになったぞ。 記事に由ると、北海道新幹線函館開業後に、JR貨物のEH800にE26系を牽引させてる方針を固めたという。 びっくりぽんや! だったら、北斗星は?トワイライトは?はまなすは? 鉄道趣味人としては、そう思うわな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京駅開業100周年記念Suica

<12月26日> 家康号捕捉から戻ると、ポストに入ってたのがこれ やっと届いた 東京駅開業100周年記念Suica 手元にやってくるまで1年がかりだったよ。 今思い出したが、記念に買ってみるかとカミさんが言ったので購入したのだが、どうせなら家族で1枚ずつ持つか?と提案したら「いらない」と一蹴され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more